履歴書の紙質はコピー用紙なら厚め!上質感で印象がUPする

職務経歴書

最近では、履歴書をパソコンで作ったり、履歴書のフォーマットをコピーして使うかたが増えてきています。履歴書を多くの企業に送る場合に市販の履歴書を毎回送っていてはコストが掛かってきてしまうので、コピーするのは経済的にもいいのかもしれません。

履歴書の薄さを見透かしている面接官

「履歴書がペラッペラで、透けちゃってるよ・・・。」

私は以前採用担当として、アルバイトの面接をしていたことがあります。アルバイトということや、その会社の社風もあってか、面接に来るかたは結構ラフな格好のかたが多くて、そこまで緊張している応募者もいませんでした。

面接官である私が緊張してしまうので、このような少しラフでフランクな感じのほうがやりやすかったんですけどね。。

面接を順番に行っていて、ある20代の男性の履歴書を私が手に取ったら、これでもかっ!っていうほど履歴書の用紙がペラッペラで、手で持っていると、上のほうがペロンと下に向いてしまったり。。文字が透けているので何とも見ずらい。。なんてことがありました。

もちろん他の応募者は通常の厚めの履歴書を提出しているので、そのペラッペラな履歴書を提出した男性に対しては、本気度が伝わってきませんでした。

これは私の体験した一つの例ではありますが、実際に履歴書というのは、ある程度の厚みがないと、印象が悪くなってしまうことがあるようです。

という事で…

  • 今まで履歴書の用紙なんて気にしてなかった。。
  • 今まで家にあったコピー用紙を適当に使っていた。。

このような方は要注意です。

という事で今回は、履歴書の紙質の注意点とコピー用紙のもっとも適した厚さをご紹介していきます。

では早速一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク

厚みのある履歴書が好印象になる理由!

名刺交換をする前に既に面接官に好印象な応募者

「履歴書にも品格が現れるってホント?」

市販の履歴書を購入したことがあるかたなら分かると思いますが、紙質はある程度の厚みがあって、紙がパリッとしていることをご存じかと思います。例え100円ショップの20枚も入っている履歴書であったとしても、厚さを確認すると、厚みがある程度あるのです。

この記事を読んでいるかたの多くが、「履歴書って、薄いコピー用紙でもいいのかな?」なんて疑問があると思います。そしてそのような疑問が浮かんでくるのは、履歴書というのは厚さがあるのが一般的だと思っているからなんです。

しかし、履歴書の厚さには特に規定があるわけでもありません。薄いコピー用紙は使用できないということもないのです。とは言っても、薄いコピー用紙を使うのは止めたほうが良いでしょう。ある程度、厚みのあるコピー用紙を使ってください。

なぜかというと、厚みのあるコピー用紙は…

  • 高級感が出るのであなたの品格が現れるのです。
  • 厚みのある紙のほうが心理的に検討したくなるのです。

このように、厚みがある紙質の履歴書は、品格を良く見せる効果があって、印象がとっても良くなるのです。また薄い紙よりも、ある程度厚みのある用紙のほうが、採用にも大きな影響を及ぼすということも心理的に確認されているのです。

厚い紙の例として、名刺、ショップカード、フライヤー、スタンプカード、ハガキ、表彰状、結婚式座次表…などなど、このような紙は厚みがあって、しっかりとしたイメージがありますよね。

仮にこれらの用紙がペラペラの薄い用紙だったらどうでしょうか。
印象はやはり良くはないので、フライヤーだったら説得力が無くなってしまったり、名刺だったら、胡散臭い印象になってしまいますよね。

このように紙質は、手に取った時の感覚や見た目の印象から、イメージが180度変わってしまうなんてことにも繋がるのです。

そのため、履歴書といった正式な書面に関しては、やはり上質である程度厚みのある紙を使用しましょう。

「えっ?そのある程度の厚みってどれくらいなの?」なんて疑問が出てくるかたも多いと思いますので、続いては履歴書にもっとも最適なコピー用紙の厚さをご紹介します。

スポンサーリンク

もっとも印象が良くなるコピー用紙の厚さとは?

様々な厚さの本

「履歴書の厚みはしっかりと吟味する!」

履歴書の紙質はここまででお伝えした通り、自宅にあった適当な薄い用紙を使用するのはもう止めましょう。履歴書の用紙の厚さに規定はありませんが、薄い用紙と厚みのある用紙であれば、間違いなくある程度厚みのある用紙のほうが印象が良くなります。

要するに、ここでケチって薄い紙を使うよりも、多少なり良い紙を使用したほうが採用の可能性が高くなるのです。

それでは多くのコピー用紙があるなかで、もっともオススメのコピー用紙とはどのような用紙なのか?

履歴書のコピー用紙はコレがベスト!

  • コピー用紙の厚さ:0.2mm
  • コピー用紙の質:上質紙
  • コピー用紙の光沢感:光沢感無
  • コピー用紙の大きさ:A4(2枚)

※これがもっともオススメのコピー用紙となります。

厚さは0.1mmを使用するかたもいるのですが、もっとも印象が良くなる厚さは0.2mm。0.2mm以上を使用してしまうと重みが出てしまうため、郵送するときの送料が高くなってしまいます。そのため、万が一企業側が返送する場合の配慮も考えるとこれもまた好印象。

また紙質は厚口用紙でも構いませんが、せっかくなので上質紙を使用してとことん良い印象を与えましょう。

そして、光沢感があると嫌らしさが出てしまうので、紙質は光沢感がないものを選択します。大きさはA3を2つ折りにして履歴書を作成してもいいのですが、現代ではA4サイズを2枚に分けて使用するのがもっとも良いでしょう。

では、最後に職務経歴書やその他に使用する用紙はどうすればいいのか?についてご紹介します。

スポンサーリンク

職務経歴書も送付状も同じ用紙を使うのがヨシ!

きれいに並んだ同じ形の3つのグラス

履歴書と職務経歴書はどちらのほうが大切な用紙なのか?というと、どちらも同じぐらい大事です。そのため、履歴書で使用した用紙を職務経歴書でも使用して、その他の用紙もすべて履歴書に合わせましょう。

郵送する場合には送付状も必要となってくるので、送付状に関しても、履歴書で使用した上質な厚みのある用紙を使用してください。

なぜか?といった理由は実にシンプルではありますが…

  • 手に取った時の感覚が良くなる。
  • 見た目が綺麗に見えるので見栄えがいい。

このような理由です。

仮に履歴書は上質な紙を使用して、職務経歴書は薄い紙を使用してしまうと、何ともアンバランスであり、職務経歴書の価値が下がってしまうなんてことにもなりかねません。

そのため、選考や面接に使用する用紙はすべて統一して履歴書と同じ用紙を使用する!ということは頭の中に入れておきましょうね。

職務経歴書

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、履歴書の紙質にこだわる理由とコピー用紙のもっとも適した厚さをご紹介してきました。

まずなぜ薄いよりも厚みのあるコピー用紙のほうが良いかというと…

  • 厚みで高級感が出るのであなたの品格が現れます。
  • 厚みのある紙のほうが心理的に検討したくなります。

このように、厚みがある紙質の履歴書は、品格を良く見せる効果があって、印象がとっても良くなるのです。

それでは多くのコピー用紙があるなかで、もっともオススメのコピー用紙とはどのような用紙なのか?

  • コピー用紙の厚さ:0.2mm
  • コピー用紙の質:上質紙
  • コピー用紙の光沢感:光沢感無
  • コピー用紙の大きさ:A4(2枚)

上記がもっともオススメのコピー用紙となります。

今までは「特にこだわらずに、薄い紙を使っていた。」なんてかたも、「履歴書は薄い紙でもいいのかな?」なんて悩んでいたかたも、これからは、少し背伸びをして、もっとも印象が良くなる上質で厚みのあるコピー用紙で履歴書を作成しましょう。

それでは、転職も人生も最高に楽しみましょう♪atsumura

職務経歴書

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)