履歴書の趣味の書き方【例文あり】2つ以上書くと功を奏する

職務経歴書

履歴書に趣味欄がある履歴書が多くあります。しかし、一体なぜこれから会社に就職して仕事をするのに、趣味なんか記入しなければいけないのか?果たして趣味なんか記入しても採用担当者は目を通すのだろうか?とこのような疑問を持たれるかたも非常に多くいるのです。

趣味のサッカーをしている人たち

「趣味はサッカーですか。どこのチームが好きなんですか?」

私は20代の頃、人より多く転職をしていたので、様々な企業の面接を受けてきました。その当時、私も趣味の欄に関しては、深く考えずに、その時何となくやっていたことを書いていたのです。

その当時は1か月に1回ほど、友人と集まって土手のグランドでサッカーをやっていたので、「趣味:サッカー」と書いていたのです。そしてある面接の時に、趣味に関しての質問がありました。

面接官は、「サッカ-いいですよね。私も好きなんですよ。どこのチームが好きなんですか?」と。

特にサッカーをテレビで見ているわけでもなく、何となく記入したサッカーだったので、「いえ、特別好きなチームはないです。。」としか伝えることしか出来ませんでした。すると、面接官は「そうですか。」と、会話が終了になってしまいました。。。

私の例ではありましたが、恐らく、もっと興味を持っている趣味を記載すれば、話しが盛り上がって、コミュニケーションが出来ていたはずなんです。
そうなんです、私の例もそうですが、趣味の欄に食いついて、話しを振ってくる採用担当者は結構多いです。

そのため、まずは「趣味:特になし」なんてもってのほかです。また趣味の欄は記載内容によっては、会話が盛り上がるか否かが決まってしまうため、非常に重要ということです。

という事で、今回は履歴書の趣味の欄の書き方と実際に好印象に繋がる例文をご紹介していきます。

では早速一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク

履歴書の趣味欄は書き方で差がつく!

履歴書になぜか記載のある『趣味』の欄。履歴書によっては、趣味欄がないものもありますが、多くの履歴書に、趣味の欄が設けられているのです。

この趣味の欄とは、何となくで設けられている欄ではなく、採用担当者が面接であなたを知るために大切な欄なのです。

では、その趣味で面接官が知ることが出来ることとは一体何なのか?というと…

  • あなたの行動力や信頼感を知る!
  • あなたが就業するにあたっての適用能力を知る!
  • あなたのコミュニケーション能力を知る!
  • あなたの性格や思考を知る!

主にこの4つを趣味から知り得ることが出来ます。またはこれらを知るために趣味欄が存在しているといっても過言ではないのです。

反対にいうと、あなたにもメリットが多くあるということになります。書き方やその面接にあった趣味を記入することで、面接官から、上記4つに対して、好評価を得ることが出来るため、もしも、その会社が求めている仕事のスキルが足りなかったとしても、この趣味で得点を大きく稼ぐことが出来るのです。

という事で、履歴書の趣味欄の書き方には重要な3つのポイントがあります。

それは…

  1. 趣味は+αで『説明』を書くと盛り上がる!
  2. 記入する趣味の最新情報をチェックする!
  3. 趣味は2つ以上記入するのがベスト!

この3つです。

では早速この大切なポイントを順番に詳しく確認していきましょう。

1、趣味は+αで『説明』を書くと盛り上がる!

興味を持たれず倒れているロボット

「趣味は料理。これでは興味を持たれない!」

多くの履歴書の趣味欄は割と、広いスペースが設けてあります。そして、その趣味欄に一言「料理」などと記入するかたが非常に多いのですが、これでは手抜きと思われても仕方ないのです。

この十分なスペースを使って記載してほしいのは、一言ではなくて、もう少し詳しく、その趣味に関して、「何の?」「なぜ?」「どのように?」といったいずれか一つでも説明を記載して具体性を表し、簡潔にまとめるのがポイントとなるのです。

そのため、趣味の欄には…

  • 一言とプラスして「説明」を簡単に記入する!
  • 説明とは言っても長いと読まれない場合がある!
  • そのためシンプルに1行でまとめる!

例としては、

『趣味:料理(一番の得意料理は、大根とスペアリブの煮物です。周りの友人からは家庭的とよく言われます。)』

といった感じが、Very Good!

上記のように記載することによって、採用担当者は趣味欄に目を通す確率が高くなって、「そうなんですね。どれぐらいの頻度で料理をしているのですか?」といったようにあなたの趣味に食いついて、会話が弾むといったプラスの効果になるのです。

また、ここで「料理」と一言で記入するよりも、上記のように簡単でもいいので説明を書くと、『家庭的⇒気を遣う事が得意⇒という事は周囲と上手く溶け込むことが出来る人かぁ。』なんていう風に、面接官も想像を掻き立てられて、例え、質問が無くても、これもまた後にプラスの効果が生まれるのです。

ただ一言「料理」や「スポーツ」だけだと、「本当かな?」「どれぐらい好きなのかな?」なんて勝手にマイナスな方向にイメージをしてしまう面接官もいるのです。そのため、趣味を記入する際には、『趣味 + 趣味の説明』を記入して、会話が弾むようにトリックを仕掛けるのが、ちょっとしたテクニックでもあるのです。

では、続いてのポイントも確認していきましょう。

スポンサーリンク

2、記入する趣味の最新情報をチェックする!

新聞紙と時計とコーヒー

「趣味はファッションですか。今年のトレンドは何ですか?」

趣味とは「好んで習慣的に行う事」といった意味があるように、習慣的に行っているので、普通の人よりも、知識や情報を持っていると判断されます。ということは、例えば「趣味:ファッション」と記入をした場合には、「今流行っている洋服だったり、アイテムって何ですか?」と質問をされる可能性があるという事です。

「えっ、古着が好きで、特にトレンドを追ってないんだけど・・・。」となってしまった場合には、会話終了。。。となってしまいます。そのため、あなたがトレンドなんて分からないとしても、趣味にそのキーワードを記入したのであれば、簡単でもいいので、今の流行や最先端の情報はチェックしておきましょう。

  • インターネットでチェックをする。
  • テレビや雑誌から情報を得る。

などなど、簡単に最新情報を得ることが出来ます。

あなたが好きなことを前面にアピールすることが、もっとも大切なことではありますが、「今の趣味の現状が分からない=仕事に関しても最新の情報に関心を持たないのでは?」なんて思われてしまう可能性だってあるのです。

仕事に置いては、「情報収集力」「新しいマーケットを知る」といったことが大事です。会社として進化成長を遂げていくには、企業も新しい情報を手に入れて、前進する必要があります。そんな時に趣味でトレンドを知っているという事は、新しいマーケットの収集力があると判断されるため、非常に高い評価基準となるのです。

では、最後のポイントを確認していきましょう。

3、趣味は2つ以上記入するのがベスト!

趣味を楽しんでいる6人の男女

「趣味が1つだけ・・・。人生楽しんでるかい?」

趣味を記入する欄は、割と大きめな枠であることが多いのですが、「趣味・特技」といったように、この枠の中で、趣味以外にも記載しなければならない履歴書も結構多いのです。そのため、趣味に関して1つだけ記入するかたが多いのが実情。

しかし、趣味の欄の大きさにもよりますが、1つよりも2つ以上記入したほうが好印象に繋がるということは間違いないようです。

なぜかというと多趣味な人の特徴とは…

  • 誰とでも仲良く接することが出来る。
  • 人生を思いっきり楽しんでいる。
  • 様々な方面に興味がある。
  • ストレスを抱えることが少ない。

このように多趣味のかたの特徴は、いい印象ばっかりなんです。

反対に、趣味がない人や趣味が1つしかない人というのは、『あまり人や人生に関心がない。』と思われてしまうため、マイナスなイメージになってしまうということ。。

そのため、本当に趣味という趣味が1つしかない人であっても、もう少し考えてみて、趣味を絞り出して、もう1つ記入してみると良いでしょう。
(ウォーキング、散歩、洗車、など何気なくやっていることでも記入すれば、2つ以上は記入できると思います。)

また記入方法は下記のような感じで大丈夫です。

趣味を2つ書くときの例!

例1)『趣味:ウォーキング(健康管理のため、毎日2時間は歩くことを心がけています。)、料理(一番の得意料理は、大根とスペアリブの煮物です。周りの友人からは家庭的とよく言われます。)』

※ウォーキング、料理ともに説明文を記入する。

例2)『趣味:ウォーキング、料理(料理で一番の得意料理は、大根とスペアリブの煮物です。周りの友人からは家庭的とよく言われます。)』

※料理にフォーカスして、説明文を記入する。

記入する欄に余裕があるのであれば、例1のように両方とも説明を入れましょう。記入する欄がなかったり、記入する事がない場合には、片方は説明文を記入しなくても良いでしょう。

ただ質問された時に困らないように、答えを用意しておきましょうね。

それでは、次の章からは、実際に好印象に繋がる例文をご紹介していきます。

スポンサーリンク

面接官に好印象だった趣味の例文!

ここまでで、趣味の欄で自分をアピールして、好印象を与えることが出来る!ということが理解できたかと思います。そして、趣味を記入する上でのポイントに関しても、ご紹介してきましたが、多趣味な人ほど、どの趣味を記載すればいいのか?なんて実際に迷ってしまうかたもいるのです。

ではどのように2つ以上の趣味を選べばいいのか?というと、下記の趣味の項目から、2つの項目を組み合わせた趣味を記入しましょう。

  1. アクティブな趣味で行動力をアピールする!
  2. 定番の趣味は共通点で盛り上がることが多い!
  3. 仕事にマッチした趣味は高得点になる!
  4. 個性的な趣味で自分を表現する!

上記4つの項目から2つ以上の項目を記入すれば、あなたの魅力を多いにアピールできるのです。

では実際にこの4つに関して、知人の面接官に聞いたり、インターネットで調べて、面接官が好印象に思った例を紹介していきますので、確認していきましょう。

1、アクティブな趣味で行動力をアピールする!

登山をしている人たち

  • 登山:月に1回は友人と日帰り登山を楽しんでいます。
  • 釣り:大自然の中で釣りを楽しんで美味しい魚を食べるのが大好きです。
  • スノーボード:毎年冬になると旅行も兼ねて、スノーボードを友人と楽しみます。
  • サッカー:小学生の頃から始めて、今は友人と週に1回コートを借りてサッカーを楽しんでいます。
  • マラソン:健康維持のために始めたマラソンも、今では多くのマラソン大会に出場しています。
  • クライミング:休日はジムに通ってクライミングを楽しんでいます。今は高い山や岩に登ることを目標としています。

2、定番の趣味は共通点で盛り上がることが多い!

コーヒーを飲んで読書をしている女性

  • 音楽鑑賞:主にクラシックが大好きで聞きます。実際にコンサートに行くこともあります。
  • 読書:小説から自己啓発本まで様々な本を読んで、知識と感性を磨いています。
  • 映画鑑賞:多角的な考え方を持てる映画鑑賞が大好きです。休日は映画館で見ることが多いです。
  • スポーツ観戦:主に野球観戦が大好きです。私のストレス解消法の一つでもあります。
  • 旅行:一人でも時間があれば旅行に行きます。次はヨーロッパ旅行を計画しています。
  • 料理:得意な料理はイタリアンです。友人に振舞ったりして喜んでもらうのがとっても幸せです。

3、仕事にマッチした趣味は高得点になる!

仕事にマッチして趣味を選択中の人

  • パソコン:資料作成や表作成が大好きでMOS資格を取得しました。現在はエクセルの上級者を目指しています。
  • 英会話:現在TOEIC700点です。海外旅行で困らないように日常英会話をマスターしたいと思っています。
  • 資産運用:簿記2級を持っていて、経理や資産運用が好きです。
  • カメラ:大自然を写真に残すのが大好きです。趣味を生かして以前の会社では、facebookの写真投稿の際には私が担当して撮影をしていました。

4、個性的な趣味で自分を表現する!

  • DIY:100円ショップを主に利用して、安くてオシャレな部屋作り、生活しやすく居心地がいい環境にすることが大好きです。
  • 瞑想:2時間かけて学校に通っていた経験から、早起きが大の得意になりました。早起きしてラジオ体操、瞑想をするのが毎日の日課です。
  • パン作り:自分で一から焼いて作ったパンがとても好評でボランティアで施設のかたにおすそ分けをしたりしています。
  • 神社・お寺巡り:パワースポットに行ったり、古くからの建造物を見るのが大好きです。
  • ラテアート:コーヒーショップでバイトをしていた経験から、家でもラテアートを楽しみ、写真に撮ってコレクションにしています。
  • アイロン掛け:シャツをアイロンで高速にかけることが出来ます。記録は5分で10枚をきれいにかけることが出来ます。
スポンサーリンク

趣味は何でもアリじゃない!NGな趣味とは?

応募者の趣味を確認して驚いている女性面接官

「趣味はお酒?・・・この人大丈夫かなぁ。」

趣味はお酒などと記載するかたも中にはいます。お酒が大好きで、休みの日は友人と昼間から会話を楽しんで、ストレスを発散しています!なんて記入するのは。。うん、NGです。

例えそれが本当に大好きな趣味であったとしても、履歴書に書いてしまうということが、モラルとしてどうなのか?ということになるのです。面接ではやはり不真面目な印象よりも、真面目な印象のほうが好印象と言えます。

そこで、お酒が趣味となると、「趣味はお酒だけ。。。もしかして、アルコール中毒ではないのか?」などの極端な印象になって、「仕事に支障をきたす恐れがあるかも。。。」なんて悪いイメージがついてしまうことがあるのです。

その他にも記載するのを避けたほうがよい趣味があります。

不健康を連想される趣味!

「食べ放題」「寝ること」「ラーメン巡り」「ダイエット」

素行不良な印象を与えてしまう趣味!

「パチンコ」「利き酒」「麻雀」「夜遊び」「合コン」「ゲームセンター」

このような趣味を記載するのは、悪い印象になってしまうことのほうが多いでしょう。そのため、何か特別な理由がない限りは書かないほうが良いと言えます。

趣味は、多少であればユニークな趣味を記載しても問題はないのですが、「おふざけ」「悪乗り」「いたずら」「非常識」といったような連想をさせてしまう恐れがある趣味に関しては記載しないほうがいいです。

また、嘘を記入しても、会話が弾まずにコミュニケーションが上手く取れずにコミュニケーション能力が低いと思われてしまうので、あなたが日頃から関心のあることをしっかりと記入してアピールしましょう。

職務経歴書

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、履歴書の趣味欄の書き方から、面接官の印象がよくなった趣味の例文までをご紹介してきました。

まずは履歴書の趣味欄の書き方には重要なポイントが3つあって…

  • 趣味は+αで『説明』を書くと盛り上がる!
  • 記入する趣味の最新情報をチェックする!
  • 趣味は2つ以上記入するのがベスト!

この3つを意識して記入するのが大切となります。

ではどのように2つ以上の趣味を選べばいいのか?というと、下記の趣味の項目から、2つの項目を組み合わせた趣味を記入しましょう。

  • アクティブな趣味で行動力をアピールする!
  • 定番の趣味は共通点で盛り上がることが多い!
  • 仕事にマッチした趣味は高得点になる!
  • 個性的な趣味で自分を表現する!

上記4つの項目から2つ以上の項目を記入すれば、あなたの魅力を多いにアピールできるのです

「趣味はどうするか??」と今まで深く悩んで書けなかったかたも是非今回の記事を参考にして、採用担当者が「履歴書に書いてある趣味について質問してもいいですか?」と食いついてくるように、『一言』ではなくて、+αで『説明』を記載するのは、絶対に忘れないでくださいね。

また「特になし」や「空白」は厳禁なので、どうしても趣味が浮かばない・・・なんて場合には趣味欄のない履歴書を購入するのが良いでしょう。

それでは、転職も人生も最高に楽しみましょう♪atsumura

職務経歴書

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】

履歴書の特技の書き方と【例文】何十倍も差がつく傑作集!

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)