面接の時の笑顔の作り方とは?自然なスマイルで差をつける☺

面接官の質問にしっかりと受け答えができるように、また緊張して頭が真っ白にならないように、必死になって前もってロールプレイングをして、面接対策をするかたは非常に多いです。

しかしこのロープレのなかには、『笑顔で話す姿勢』といったことを意識して、練習をしている人が少ないのが現実です。。それよりか面接対策中は必死になって顔が恐くなってしまうなんてかたも。。(下の画像のように・・・)

硬い表情の男性

それでは、面接で笑顔がどれだけ大切なのかをお伝えします。面接では、どんなにしっかりとした受け答えが出来たとしても、笑顔が無く終始表情が固い、もしくは無表情であれば、不採用となる可能性は高いのです。

では、反対に自然な笑顔を作ることが出来る人は…

  • コミュニケーション能力が優れている。
  • あの人からは幸せなオーラが感じる。
  • 見ているだけで気分が良くなる。

このように、笑顔が与える印象は、プラスの効果ばかりなんです。

そのため、「受け答えが上手く出来なかった・・・」としても、笑顔で採用になった!なんてかたもいるぐらいです。

「日本語が上手くない外人が、面接に受かった理由とは?」

まだまだ日本に来たばっかりで日本語が上手くない、中国人のAさんがいました。しかし、Aさんの最大の武器は『笑顔』だったんです。

面接の際にも、必死に質問に答えようとする反面、とっても自然なスマイルで受け答えをするAさん。もちろん受け答えに関しては、十分に伝わってはいないのですが、笑顔というコミュニケーションツールを上手に活用したことによって、面接官も笑顔でうなづいて納得していたそう。

そしてAさんは見事大手企業の面接に受かって、その後もとってもHAPPYなスマイルを味方にして、出世街道まっしぐら。そして日本語がそこそこ話せるようになった時には、ついには部長にまでなったんです。

スポンサーリンク

このように、笑顔が相手に与えるプラスの影響力というのは、計り知れません。反対に、いくら仕事が出来ていても、いつも無表情で眉間にシワがよっている人が与えるマイナスオーラは会社にとって悪影響が出てしまうと言ってもいいでしょう。

ということで、今回はまずは面接の際に、面接官がHAPPYになって、面接官の気分が良くなる最高の自然な笑顔を思いっきりアピールして、面接を突破しましょう。
そしてこれをきっかけにこの先の未来も、幸せな笑顔を世の中に振りまいて、成功を掴みましょう。

それでは、早速面接の際の自然な笑顔の作り方を伝授します。

自然な笑顔で好印象を与えよう☺

ニヤニヤしている男性

「面接の際に、いつも笑顔、笑顔、笑顔。でもなぜか不採用!って、何でよ。」

笑顔とは一言でいっても、様々な笑顔があります。面接の際にもその様々な笑顔を、しっかりと使い分けをする必要があるのです。
なぜかというと、『終始にやにやしている人。』『終始口を開けて笑顔な人。』うん、、笑顔は笑顔でも、なんか恐いですよね。

「いっつも笑顔を作ってるんだけど、なぜか不採用になるっ!」そんなかたは、ちょっと固い笑顔だったり、終始笑顔を作っていることが原因になっている場合があります。

でも難しく考えなくて大丈夫!面接での笑顔は…

  • 『歯を見せて、にっこりする笑顔!』
  • 『口を閉じて、にっこりする笑顔!』

基本的には、この2つの自然な笑顔が出来ればOKです。

「えっ、でもタイミングは?」と思ったかたもいると思います。これもまたスゴ~くシンプルなんです。

  • 面接官または自分が楽しい話しをしている時には、『歯を見せて、にっこりする笑顔!』
  • 面接官または自分が真面目な話しをしている時には、『真剣に聞いている(話している)真面目な顔!』
  • 上記2つのポイント以外は、基本的に、『口を閉じて、にっこりする笑顔!』

でOKなんです。簡単ですよね。

終始笑顔はNG!ということは、やはり真面目な話しをしている時には、真面目な顔も必要というコト。あとは、楽しければ、口を見せて楽しい笑顔になる!あたりさわりもない会話の際には、口を閉じてにっこりとして、相手が自分に対して話しやすいHAPPYオーラを出しましょう。
(※後ほど、さらに細かく笑顔のタイミングに関して紹介しているので、是非読み進めて行ってくださいね♪)

ここまで色々なことをお伝えしてきた私ですが、実はちょ~笑顔が下手だったんです。。。
本当に楽しくて笑ってるのに、「顔が引きつってるよ。」とか。口角を上にあげて笑顔を作ると、「何にやにやしてるの。」とか。・・・とか、とか、です。

しかし、そんな私も面接の前には、自然な笑顔が出来るように、しっかりとトレーニングをしていました。そして、自然な笑顔を作ることが出来るようになったんです。それをきっかけに今でも練習しますよ。

そんな私がとってもオススメな3つの方法があります。特に表情が硬い男性であっても、素敵な笑顔を表現することが出来るようになります。

特別難しいことはないので、早速順番にみていきましょう。

スポンサーリンク

面接の前に笑顔を作る練習をしよう☺

幸せそうな笑顔のカップル

「ミスチルの桜井さんが羨ましかった…。」

私は20代の頃にアパレル販売をやっていたのですが、笑顔が出来ないと『笑顔トレーニング』と題して、残業。。なんてこともあったのです。

「なぜ自分は自然な笑顔が出来ないのか。。」とその当時は憤りを感じていました。そしてTVに映るクシャっとした素敵な笑顔で自然に歌うミスチルの桜井さんがとっても羨ましかったんです。

このように、生まれつき笑顔が上手い人!生まれつき笑顔が下手な人!といったように、生まれつきも原因の一つでもあります。

しかし、自然な笑顔というのは、誰もが練習すれば出来るようになります。私も、日々の仕事での笑顔トレーニングや日々の仕事での笑顔、また家での練習によって上手くなりました。
そしていつの間にか、職場の窓ガラスに映る自分の顔をみて、「お~、いい笑顔じゃん!」なんてときがきました。

笑顔が下手ならば練習をすればいいのです。練習すれば上手くなるのです。

ではここで練習する前に、自分の顔を見てみましょう。あなたの口と目はどうなっていますか?

それではそのまま今のありのままの自分の表情をインプットしてください。このまま練習をしていきます。

①笑顔はたった2つのポイントで自然になる。

鏡を見て口角をあげている女性

自分の表情を確認して、「口角が下がっている。」「目が釣り目で上がっている。」このようなかたは相手に怒っている印象を与えてしまうことが人より多いのです。

そのため、反対に…

  • 口角を上げる!
  • 目尻を下げる!

この2つだけを意識すれば、自然な笑顔になるのです。

そのため、笑顔を自然に出すには、口角をあげて、目尻を下げる、この2つを意識的に実践すると、次第に表情筋が和らいで、自然なマルっとしたきれいな笑顔になります。

それは動画でも確認していきましょう。

②幸せな言葉を唱えれば自然な笑顔になる。

超ハッピーな笑顔をしている女性

「幸せな人=笑顔の人」といってもいいでしょう。要するに、幸せな言葉を唱えて、表情筋を鍛えれば一石二鳥となり、自然な笑顔も幸せもゲットすることが出来るのです。

それでは早速、その方法をご紹介します。

自然なHAPPYスマイルになる方法!

大きく口を開けて、

  1. 「嬉しい~~」
  2. 「楽しい~~」
  3. 「大好き~~」
  4. 「ハッピ~~」

この4つのHAPPYワードを声に出して語尾はしっかりと伸ばして、最後は口が「にぃー」となるように行いましょう。
これを出来れば朝、昼、晩と10回ずつ練習しましょう。すると、表情筋が鍛えられて、いつの間にか、クシャっとした幸せで自然な笑顔になります。

笑顔も大切ですが、自然な笑顔を作るには心がHAPPYではなくてはなりません。そのため、上記のように幸せな言葉を毎日習慣的に唱えることで、脳内が「あっ、自分幸せなんだ!」とインプットされて、心の底からHAPPYになりますよ。

スポンサーリンク

③割りばしを使って自然な笑顔になる。

ペンをくわえて笑顔の練習をしている女性

こちらもとっても簡単ですよ。準備するのは1本の割りばしだけでOKです。

割りばしで自然な笑顔になる方法!

割りばしが無ければ、ペンなどでもOKです。

  1. 割りばしをしっかりと歯でくわえましょう。
  2. 口角を意識して、「キュッ」と上にあげましょう。
  3. 30秒間この状態をキープしましょう。
  4. 口角を下げて10秒間休みましょう。

このステップを3回繰り返しましょう。
では、このあとに鏡を見て笑顔を作ってみましょう。その時に、顔の筋肉が違和感なく動いていて、自然な笑顔になっているのがわかると思います。

それは動画でも確認していきましょう。

いかがでしたでしょうか。

上記3つの簡単な笑顔の練習法で、とっても自然な笑顔を習得することができます。
実践するときには、鏡を見ながら練習することが大切です。また、嫌なことがあったときは、顔がどうしても沈んでしまうもの。そんな時こそ、無理にでも笑顔の練習をしてみてください。

先ほどもお伝えしましたが、笑顔とは不思議なもので、笑顔を作る!だけで、脳内に、『嫌な感情の自分 ⇒ 笑顔を作ってみる ⇒ 脳内が幸せと認知する ⇒ 自分の感情が幸せになる』といった、幸せの連鎖反応を与えてくれるのです。

就活中、転職中には、日々笑顔のトレーニングを実践してみてくださいね。素敵なコトだらけで、悪いことなど全くないので♪

続いては、時間がないかたへ『すぐに自然な笑顔になれる方法!』をご紹介します。

面接直前でも自然な笑顔になれる方法!

きれいなトイレ

「トイレの個室が絶好の場所だった!」

ここまでは、自宅で出来る自然な笑顔を作る3つの練習法に関してご紹介しました。もちろん時間があるかたは、上記でご紹介した方法を試して、面接対策の一環として、継続してくださいね。

しかし、この記事を読んでいるかたの中には、『明日面接なんだけど。。』というかたや、『今から面接なんですけど。。』というかたもいると思います。

そんなかたでも大丈夫です、安心してください。実は、すぐに自然な笑顔になれる方法があるのです。
しかし、今からあなたには他人に見られたくないような、『変顔』をしてもらいます。そのため、場所はトイレの個室が誰にも見られないので絶好の場所と言えるでしょう。

表情筋は、日々練習をして時間を掛けてほぐして行かないと、すぐに固くなって元に戻ってしまいます。そのため、この方法に関しては即効性はあるが、持続性のない頓服薬のようなものだと思ってください。

では早速その方法をご紹介します。

一瞬で自然な笑顔になれる方法!

  1. 口角を手で押さえて思いっきり上にあげましょう。(1分間頑張りましょう。)
  2. 手で口角をあげている男性

  3. 目尻に手を持っていき思いっきり下に下げましょう。(1分間頑張りましょう。)
  4. 目尻を下げている少女

どちらも、1分間頑張りましょう!でも、合計たったの2分間で表情筋が柔らかくなります。

ポイントはある程度手に力を入れて、どちらもしっかり1分間ずつ行いましょう。
最後にトイレの鏡や手鏡で笑顔を作ってみてください。どうでしょうか?表情筋が柔らかなくなって自然な笑顔になっていますよね。

スポンサーリンク

この方法は持続力がないので、すぐに顔が固くなって戻ってしまいます。そのため、面接直前や面接の30分前に行うのがオススメです。

別の方法ですが、『一瞬で自然な笑顔になれる方法』を動画でも紹介しています。参考までにどうぞ♪

面接は笑顔のタイミングが大切!

面接をしている人の模型

「終始笑顔なのは、何とも不自然である・・・」

面接では笑顔がとっても大切で、どんなに素晴らしい人材であっても、笑顔でコミュニケーションが出来なければ『不採用。。』となってしまうことだってあるんです。
そうです、笑顔は人を元気やハッピーにしてくれます。

でもちょっと想像してみてください。面接の時に、始まりから終わりまで、ずっっと笑顔の人を。。

面接の時にずっと笑顔でいると…

  • シマリがない人なのか。。
  • 不真面目な人なのか。。
  • 無理して笑顔でいるのか。。

といったように、マイナスな印象になってしまう場合があるのです。

そのため、冒頭でもお伝えしましたが、面接での笑顔はタイミングがとっても大切なんですね。では実際に面接での笑顔を披露する絶好のタイミングをご紹介します。

第一印象は笑顔で勝負しよう!

第一印象は6秒ほどで決まってしまうそう。という事は、すべてが外見で決まるといっても過言ではありません。
そのため、まずは面接官と会った瞬間に笑顔で元気よく自分をアピールしましょう。

しかし、初めての人と出会った瞬間というのは、人はもっとも緊張するもの。ましてやこれは面接です。そのため、ここでなかなか笑顔を披露することができなくて、『固いな。。』『暗いな。。』なんてマイナスイメージを面接官に与えてしまうかたが多いのです。

そのため、『ここで、笑顔を出せなければ終了!!』ぐらいの気持ちで恥ずかしがらずに、『始まりは絶対に笑顔!』を決意しましょう。

笑顔には笑顔を、真面目には真面目を!

終始笑顔は不自然であるということをお伝えしましたが、他にもこんなKY(空気が読めていない。。)のかたがいたらどうでしょうか?
例えば、面接官が笑顔で楽しい話しをしているのに、あなたはしかめっつら。。そして、面接官が真面目な話しをしているのに、あなたは満面の笑み。。これってどうでしょうか。とっても違和感ありますよね。コミュケーションが出来ない人と思われてしまいます。

ではどうすればいいのか?簡単ですよね。『相手が笑顔なら笑顔を!相手が真面目な顔なら真面目な顔を!』すればいいだけなんです。あとはあなたも楽しい話しをしている時には笑顔を!真面目な話しをしている時には真面目な顔を!すればいいだけです。

一見簡単だし、普通の事なんですが、面接で緊張しているとこれが出来なくなってしまう人もいます。そのため、普段の自分を出すことも必要であるということを意識して、面接も楽しく、HAPPYな気持ちで行いましょう。これだけで、自然なコミュケーションが出来ますから。

終わり良ければすべて良し!なら終わりも笑顔!

面接で思いっっきり自分をアピールする!!これって結構疲れますよね。。私も面接が終わったころには、いつも『ヨシ、終わった!』とホッとすると同時に、一気に体から力が抜けてしまい思わず帰りの電車の中で爆睡して寝過ごす・・・なんてこと結構ありました。

あなたはどうでしょうか?面接が始まったときにはあんなに元気だったのに、徐々に疲労が蓄積されていって、どうしても面接後半あたりになると疲労MAXになってしまったことはありませんか。恐らくみんながこのようなことを実感したことがあると思います。最後のほうはみんな「顔が疲れている・・・」なんてことになってしまうのです。

そこで、『最後も笑顔で挨拶を出来るか!』が超大事なポイントなんです。これが出来なければ、仕事でも後半になると、疲れて頭が回らなくなって、作業能率が悪くなってしまう人かも。。。なんて思われます。しかし、最後も笑顔で元気に挨拶すれば、仕事でも常にモチベーション高く、丸1日能率良く仕事をくれそうかも!なんてプラスなイメージになります。

「終わり良ければすべて良し!」って終わりだけ頑張れ!ということとは違いますが、終わりも始まり同様、めちゃくちゃ大事なんです。

このように、面接でも笑顔のタイミングは超大事なんです。

今までは、『とにかくずっと笑顔をアピールしていた!』や『笑顔のタイミングがわからなかった!』なんてかたは、もっとシンプルに考えましょう。
始まりと終わりには笑顔!笑いたければ我慢せずに笑う!そして、真面目な話しをしている時には真面目になる!それ以外は、口角を上げてにっこりする!たったこれだけでいいんです。

面接で普段通りの自分を出せる人は、笑顔のタイミングも上手いもの。そのため、面接では『どれだけ自分を飾らずに表現できるか?』で笑顔の評価も変わってくるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、面接の際の自然な笑顔の作り方に関してご紹介してきました。

笑顔にも様々な笑顔がありますが、面接での笑顔は…

  • 『歯を見せて、にっこりする笑顔!』
  • 『口を閉じて、にっこりする笑顔!』

基本的には、この2つの自然な笑顔が出来ればOKなんです。
もちろん笑顔が自然にできない人でも、今回ご紹介した笑顔の練習を日々行っていけば、面接でも自然な笑顔を披露することができるのです。

でも、「明日面接なんだけど。。」というかたは…

  1. 口角を手で押さえて思いっきり上にあげましょう。(1分間頑張りましょう。)
  2. 目尻に手を持っていき思いっきり下に下げましょう。(1分間頑張りましょう。)

どちらも、1分間は頑張りましょう!でも合計たったの2分間で表情筋が柔らかくなり自然な笑顔を作ることが出来るのです。(※持続性はないので、あくまでも緊急時にどうぞ。)

また、普段通りの自分を出せる人は、笑顔も笑顔のタイミングも上手いもの。そのため、どれだけ飾らずに自分を表現できるか?で笑顔の評価は変わってきます。

面接対策のロープレも大切ですが、笑顔の練習もロープレのなかに含んで練習していきましょうね。

それでは、転職も人生も最高に楽しみましょう^^atsumura

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)