リクナビネクストのプライベートオファー!成功率に迫った結果

リクナビネクストimg

リクナビネクストには、プライベートオファーという企業側からスカウトしてくれるシステムがあります。しかし、このプライベートオファーの成功率ってどうなの?といったような疑問を感じている方も結構多いのです。

「3つのオファーを比較してみよう!」

リクナビネクストには、3つのオファーがあります。そのため、いかにプライベートオファーに価値があるのか、をここで一旦整理したいと思います。

■オープンオファー
企業「うちの求人をみてください。」「説明会もあるので参加しませんか?」

あなたの返答「応募してみます。」「説明会にとりあえず、参加してみます。」

■興味通知オファー
企業「あなたに興味があります。」「あなたは弊社の求人に興味はありませんか?」

あなたの返答「興味があります。」

■プライベートオファー
企業「ぜひ面接をしませんか?」「お会いしませんか?」

あなたの返答「面接を希望します。」「面接を辞退します。」

上記を確認するだけで、プライベートオファーがもっとも、価値の高いオファーであるかが、分かりますよね。

そうなんです、企業側は「面接をお願いします!」といった具合にあなたに惚れている状況なのです。

では、一体このプライベートオファーの面接を受けると成功率はどれくらいなのでしょうか?

今回は徹底的に調査してきたのでご紹介していきます。

では早速確認していきましょう。

グッドポイント

プライベートオファーのメール内容を公開!

「私が実際にいただいたオファーメールを公開します!!」

冒頭でお伝えしたように、プライベートオファーは、かなり強い企業側からの熱いメッセージであった、ということは分かったと思います。

では、実際に私もプライベートオファーをいただき、熱いメッセージが届いたのでご紹介しますね。

上記のように、プライベートオファーが私のもとにもやってきたのです!

ちなみに上記画像の赤枠を確認すると、より一層熱いメッセージだということが分かると思います。

「貴方様にマッチ出来そうなお仕事のご提案をさせていただけると幸いです。」

といった嬉しい悲鳴が上がってしまうような内容です。

私は、かなり興奮気味にこの特別なプライベートオファーに「ぜひ面接をお願いします。」的な返信をしようとしたところ、何と期限切れで返信することができませんでした。。

下記をご覧ください。返信期限は2週間だったのです・・・

「オーマイガー・・・!」
あなたはこのようなことがないように、毎日しっかりとリクナビネクストからのメールはチェックするようにしてくださいね。

・・・とここまでは実際に私がいただいたプライベートオファーのメールをご紹介しましたが、やはりメールの内容もかなり熱いメッセージで、「あなたを採用したいので、ぜひお話しだけでも!!」といった企業側の本気度が垣間見える内容でしたね。

しかし、これはあくまでも私がもらったメール内容であって、企業によっても内容は異なると思います。そのため、企業側は実際にこのプライベートオファーをどのような気持ちで利用しているのか?を調査してきたので、次の章でご紹介します。

グッドポイント

企業側はヘッドハンティング感覚だった!?

握手をする男性

「採用したい気持ちがかなり強い!」

ここまで読んでいただいた方であれば、すでにプライベートオファーがかなり濃厚な企業側からのあなたへのラブメッセージだということが分かったかと思います。

では実際に企業側がこのプライベートオファーに関して、一体どのような風に思っているのか、の真相を調査したのでみていきましょう。

  • 企業A「プライベートオファーはヘッドハンティングに似た感覚ですね。そのため、企業側もメッセージを送る際には、結構エキサイティングですよ。」
  • 企業B「どうしても欲しいと思った人にしかプライベートオファーは送らないので、面接後の採用率はもちろん、かなり高いですね。」
  • 企業C「プライベートオファーを送ったからといって、採用を決めたというわけではないです。しかし、面接をして印象が良ければ、採用したい気持ちはかなり強いですよ。」

どうでしょうか。
プライベートオファーに関してどのような意識を持っているのか、を3つの企業に調査してみたら、やはりどの企業も採用したい気持ちはかなり強いようですね。

ヘッドハンティングの感覚でプライベートオファーを利用している企業もあるということなので、面接であり得ないようなミスをしない限り採用されそうな感じがしますよね。

という事で、ここまでを確認したらイメージがついたかと思いますが、面接の成功率は極めて高いと言えるでしょう。とは言っても、やはり企業によっても考え方も変わってきますので、「プライベートオファーの成功率は90%だ!!」といったような断言することはできませんが。

リクナビネクストのプライベートオファーに関して記載があるサイトのページにも、「面接の通過や採用を約束するものではありません。」と記載がありました。
リクナビネクストプライベートオファー注意点

しかし、しかし、採用率が極めて高いということは、間違いないので、ぜひ面接に挑んでみることをおすすめいたします。

グッドポイント

採用の成功率は高い!ぜひ面接してみよう!

「気になったら、面接しないと損!」

ここまでの内容を確認していただいた、あなたであれば、いかにプライベートオファーが、採用の成功率が高いオファーなのか?がわかったと思います。

今までは、プライベートオファーの意味がよくわからないため、

  • メッセージをスルーしていた・・・
  • 少しでも興味が無ければ断っていた・・・

といった方でも、話しだけでも少し聞いてみようかぁ、というマインドになったのあれば、ぜひ面接に挑んでみることをおすすめします。

あなたを選んでプライベートオファーを送ってくれたということは、あなたの希望通りに合った職種の求人があれば、今後探してくれて、再度オファーをしてくれる可能性だってあります。

私の知り合いの例でいうなら、プライベートオファーをしてくれた会社にはあまり興味はなかったがせっかくなので、面接に行ってみたのです。すると、なんと希望だったグループ会社を紹介してくれたのです。結果的にその会社とはマッチングして、就業することになりました。

このように、あなたが少しでも企業と話しをするだけなら、と一瞬でも思ったのであれば、話しだけでも聞くとそこから明るい光が見えてくる可能性もあるので是非プライベートオファーを活用してみてくださいね。。

グッドポイント

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はリクナビネクストのプライベートオファーの成功率についてご紹介してきました。

成功率は90%だ!といったような断言はできませんでしたが、

かなり成功率が高いということが分かりました。

企業によっては、ヘッドハンティングの感覚でオファーをしていることもあるので、あなたのレジェメを確認して、かなり気に入ってプライベートオファーをしてきたのでしょう。

私も転職活動中はリクナビネクストを利用して、多くのオファーをいただきました。プロフィールにも記載がありますが、転職回数が人一倍多い私がですよ!

それにもかかわらず、やはり大手ということもあり、求人数もかなり多かったので、希望の職種が大量にありましたね。また上記でもお伝えした通り、プライベートオファーもいただきました。

ということで、まだリクナビネクストに登録していない方は、すぐに登録して転職活動をすることを強くおすすめします!登録するだけでも、希望通りの企業からのプライベートオファーがすぐに入ってくる可能性も十分ありますからね♪

下の広告をクリックして、3ステップですぐに無料登録だけでもしておきましょう^^

グッドポイント グッドポイント

上記の画像のように、転職回数がかなり多い私のもとにも、結構な頻度で、「興味通知オファー」がきました。

興味通知オファーとは冒頭でもお伝えしたように、あなたのレジェメに興味を持った企業から、「弊社に興味はありませんか?」といった確認通知ということですね。この通知も面接から採用が決まるまでのかなり近い近道なんでよね。

あなたが今現在、転職活動をしているなら、リクナビネクストを利用しないと本当に損をしてしまいます・・・

ぜひ上記の広告から今すぐに登録だけでも済ませておきましょうね♪

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)