面接に行きたくない!当日に思ったときの3つの対処法とは?

面接当日に「あ~、行きたくないなぁ・・・」と思い憂鬱な気分になってしまう方も結構多いようです。私も転職活動中には多々ありました。汗

部屋の端にいる男性

「布団被って寝て後悔。。」

私が転職活動中のときの話しです。面接の当日に、「あ~、今日も面接。。行きたくないなぁ・・・」と何だか憂鬱になって、結局キャンセルの連絡をして布団を被って、そのまま寝てしまったんことがあります。

しかし、起きた後は、憂鬱、罪悪感、自信喪失、、なんかが重なり、「とりあえず、行ってればよかったな。。」なんて後悔しました。。

スポンサーリンク

これは私一例ではありますが、実際に面接に行かなくて後悔してしまう方も多いんです。

・・・では、面接当日に行きたくない!っと思ったとき、どのように対処するば良いのでしょうか??

という事で今回は、当日に面接に行きたくなくなったときの3つの対処法についてご紹介していきます。

では早速一緒に確認していきましょう。

面接に行きたくない原因を知ろう!

頭を抱えている女性

「面接に行きたいって人の方が少ない!?」

就職や転職、バイト、いずれにしても、面接に心から行きたくて仕方がない♪っていう人の方が少ないと思います。要するに、面接とはハッキリ言って、面倒なコトなんです。

緊張するし、プレッシャーもあるし、遠い場所だったりもするし、・・・もう様々な嫌な心情が出てくると嫌になってきます。

その他にも行きたくない原因としては…

  • 自分に自信が無くなってしまった。。
  • モチベーションが低くなってしまった。。
  • 圧迫面接なんかが続いて怖くなってしまった。。

とこのような原因があります。

冒頭でもお伝えしましたが、私もこのような原因によって面接が嫌になってしまった一人です。しかし後悔して失敗したからこそ、そんなあなたに伝えたいコトがあります。

では、次の章から対処法を確認していきましょう。

スポンサーリンク

1、行かないと後悔することがある

『後悔。。』これは冒頭でお伝えしましたが、まさに私がそうでしたね。私が行かなかったときの面接は、実は簡単に面接が決まったというわけではなくて、必死になって履歴書、職務経歴書を郵送してメールなんかでも企業側とやり取りしながら、ようやくありつけた面接だったんです。

しかし、自分に自信が無くなっていた私は寝て忘れようと思い行かなかったんですよ。。

・・・その後の後悔は結構きつかったですね。

  • 「とりあえず、行くだけ行ってればよかったなぁ・・・」
  • 「もしかしたら、採用の可能性もあったんだよなぁ・・・」
  • 「また、明日から求人を探さないとなぁ・・・」

などなど、もう頭の中が後悔と罪悪感で埋まっていました。

それ以降は、どんな感情が芽生えても、とりあえずは面接に行くようにしたんです。すると、どんな面接内容でも、どのような結果にしても、後悔というのはありませんでした。

つまり、行動しなければ後悔はしますが、行動すれば後悔することはほとんどありません。もし、まだ行きたくないと思っている場合には、布団から出てみるだけでもスイッチが入りますよ。

2、行動するとやる気が出てくる

外を走るサラリーマン

面接って結構モチベーションが必要だったりするんですよね。やる気がないと、「もうどうでもいいや!」とか「また別の企業を応募しよう!」などとその日の面接がどうでもよくなってきてしまいます。

しかし、やる気ってそもそも行動しないと出なかったりするんですよ。

というのも実は、やる気が出たから、行動ができるではなくて、行動するとやる気が出るです。

やる気より先に行動が大事!

という事ですね。

頭で「行きたくない。。どうしよう。。」などと考えていると、とことんモチベーションが下がっていきます。つまりこの状態からでは、モチベーションを上げることは難しいいうことです。

そのため、まずは今布団の中で考えているなら、布団から出てみる。椅子で固まっているなら着替えてみる。家を出る直前なら面接会場まで行ってみる。といったように、とにかく今の現状から少しでもいいので動いてみるんです。

そうすると、気がついたらモチベーションが高まって面接が終了していた!なんてことになります。

掃除めんどうだな~と思ったけど、とりあえずやってみたら止まらなくなって、部屋中がとことんキレイになるまでやっていた、なんてことがありますが、原理はこれと一緒ですね。

そして、行動して面接すれば、どのような結果でも自信に繋がっているんです。

スポンサーリンク

3、どんな面接でも自信に繋がる

面接で失敗した。。恥ずかしい思いをした。。面接に落ちた。。これって全部失敗だと思いますよね。しかし、ことわざ通りではありますが、失敗は成功のもとなんですね。

あなたが行動をした時点ですでに自分に負けなかったということで自信に繋がっていますし、どんな面接になろうともその失敗は次に必ず繋がるので、あなたは一歩成長し強くなるのです。

もちろん面接に行って採用になっても、自信に繋がりますからね。

つまり面接に行かないと変化どころか、自信が喪失してしまうことがありますが、少なからず面接に行けば自信になるのです。

それでも行きたくないならキャンセルしよう

ここまでは、面接に行きたくなくなった場合の対処法をお伝えしました。面接にとりあえず行ってみよう!と思った方がほとんどだと思いますが、それでもどうしても面接に行きたくない・・・って場合には、早め早めにキャンセルの連絡をするようにしましょう。

  • 企業側はあなたの面接時間を確保して待ってます。
  • 企業側はあなたと会えるのを楽しみにしてます。

そのため、ドタキャンはやめて、当日であってもせめて連絡をしてキャンセルの旨を伝えましょう。また当日の場合にはメールで連絡しても企業側が面接までに確認できないこともあるので、電話で連絡をするようにしましょうね。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、面接当日に行きたくなくなった場合の3つの対処法についてご紹介してきました。

その対処法とは…

  • 行かないと後悔することがある
  • 行動するとやる気が出てくる
  • どんな面接でも自信に繋がる

この3つです。

今回の対処法では、行きたくないといった気持ちから、行きたいと思っていただくマインドについてのご紹介となりました。

しかし、社会人になってもこのマインドは結構大切なんです。あなたが、めんどうだな~って思ったことはみんな同じように面倒だと思っています。その面倒を率先して行動するとあなたには自信がつきます。また会社からの評価も必然的に上がるのです。

ぜひ考えるよりも先に行動!面倒だと思ったら行動!を試して自信に繋げてくださいね。

転職を強く希望している方だけ見てください!

あなたに最後に質問があります。

  • リクナビネクストって知っていますか?
  • リクナビネクストに登録はしていますか?
  • プライベートオファーってご存知でしょうか?

この3つの質問のうち一つでも「NO!」があった場合には、あなたは転職活動において損をしている可能性が非常に高いです。

ぜひ、あなたも一度リクナビネクストのプライベートオファーの成功率を下記をクリックして確認してみてください。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)