面接の流れとマナー!イチから順番に確認しておこう!

「面接が明日に控えていて、緊張マックスで眠れない・・・。」という方がいるぐらい就職や転職の面接というは緊張するものです。そして前日には、最終確認として頭の中で明日の面接の流れからマナーまでを確認する方も多いですね。

人差し指を上げている女性

「前日からが勝負だった!」

明日が面接の方で、まだ少しでも時間に余裕があるのなら、面接前の準備を今のうちに完了させておきましょう。とは言っても、すぐに終わる準備です。

持ち物チェックや逆質問の確認といった感じで最後に、念には念を入れよ!ということですね。

ぜひ下の記事を参考にしてみてくださいね。
面接の前日にはやることがある!絶対必須の5つの項目とは?

私は面接前に準備をしなかったばかりに失敗をしてしまった経験があるので、それ以来面接前日にしっかりと準備をするようになりました。持ち物の中にも忘れ物があったら、採用可否に関わってしまうものもあるので、前日とプラスして当日の朝も必ずチェックするようにしています。

持ち物に関しては、下の記事を参考にしてみてくださいね。
面接の持ち物とは?転職成功者が必ず抑える17のアイテム!

スポンサーリンク

では、前日の準備のチェックができたら、後は当日の面接の流れとマナーを最後に確認して明日に備えましょう。もうすでに今日が面接の方は、電車の中で当日の面接の流れを最終確認しておきましょうね。

という事で今回は、面接の流れとマナーに関して、イチから順番にお伝えしていきます。

では早速一緒に確認していきましょう。

面接の流れとマナー!イチから順に確認しておこう!

スーツ姿で歩く男性

「家を出たら、もう面接は始まっている!」

多くの方がスーツを着て、電車に乗って、面接会場に向かうと思いますが、私の考え全開でお話しをさせていただくのであれば、自宅の玄関を出た瞬間に面接は始まっていますよ。

なぜかというと、面接会場まで無事にたどり着けなければ、面接も何もできないからです。電車が遅刻してしまって、面接に遅刻。。反対に早く着いたはいいがコンビニで立ち読みしていたのが企業側にバレてマイナスな印象になった。。このようなことにもなりかねません。

そのため、自宅を出た瞬間から気を引き締めて、電車に乗って、面接会場まで時間を意識して、向かうようにしましょう。

それでは、実際に面接会場に入る前から、退室するまでの流れを順に確認していきましょう。

1、面接会場には10分前に到着しよう!

スーツで歩く人と時計

面接会場に自宅から向かうわけですが、一体面接会場には何分前に到着するのがベストなのでしょうか?・・・これには、もちろんベストな時間があります。

10分前に到着するのがベスト!

です。

5分前だと社会人になると遅いと見なされることがある時間となり、15分前だとまだ面接官の方の準備が出来ていない可能性があります。また30分前になると、かなり早すぎる!ということになるのです。

そのため、面接会場には10分前に到着するのがベストでしょう。もし早すぎてしまった場合には、企業側や周辺に迷惑が掛からない場所で待機して待っていましょう。

詳しくは下の記事で確認することができます。

面接会場には何分前の到着がベストか?遅くても早くてもダメ!

スポンサーリンク

2、入室のマナーを確認しよう!

茶色のドア

では、無事に到着したら、次に待っているのが面接室の入室です。では、この章では、面接室に入る際の入室マナーを確認しましょう。

まず入る前に心掛けておきたいのが、面接官の気持ちです。実は面接官も多くの面接をしているものの、やはり緊張はしています。そのため、あなたが和ませるというイメージを持って、柔らかい表情で面接室に入ると好印象。

では、実際に入室の流れを見ていきます。

1、ノックをする。
面接室のドアを3回「トン、トン、トン」と叩いてノックします。

2、入室する。
面接官から「どうぞ」などの声がかかったら、ドアを半分開けて「失礼いたします。」といいます。その後ドアをしっかりと開けて入室します。

3、ドアを閉める。
面接官から見て、あなたが横か斜めに見える位置に立って、ドアを閉めましょう。

4、挨拶と一礼をする。
面接官をしっかり見て、笑顔で「よろしくお願いいたします。」と挨拶をします。その後、45度の角度で一礼します。

5、椅子の横に立って名乗る。
椅子の横に移動して、「〇〇(フルネーム)です。本日はお忙しいところ、お時間を頂きましてありがとうございます。よろしくお願いいたします。」と名乗ります。

6、着席の指示が出たら会釈をする。
面接官から着席を促されたら、「失礼いたします。」と15度の角度で会釈して座りましょう。

7、着席をする。
背筋をしっかりと伸ばして、背もたれにもたれることのないように、少し間を空けて、座りましょう。

さらに詳しくは下の記事で確認しましょう。
面接の入室マナーを完璧に習得する!鞄の持ち方と位置も伝授

鞄やコートの置き方に関しては、こちらの記事をどうぞ。
面接の鞄の置き方!正しいマナーを画像で分かりやすく解説

スポンサーリンク

3、退室のマナーを確認しよう!

立ち並ぶ高層ビル

最後は退室の際のマナーを確認していきましょう。

1、着席したまま一礼する。
「本日はありがとうございました。」と一礼します。

2、起立して再度一礼する。
椅子の横に立って、「ありがとうございました。」と一礼します。

3、ドアの手前で挨拶する。
ドアまで向かったら、手前で振り返り面接官の方を向いて、「失礼いたします。」と挨拶をして退室します。

4、面接会場を出るまでは油断しない。
面接会場を出るまでは、企業側の社員の方に会ったりします。そのため、会場内で携帯電話を見たり、だらしない態度をとったりすることがないように注意しましょう。

挨拶する際には、自然なスマイルを意識して、好印象をゲットしましょうね。
下の記事を参考に笑顔の練習をしてみましょう。
面接の時の笑顔の作り方とは?自然なスマイルで差をつける☺

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、面接の流れとマナーに関してご紹介してきました。

流れをまとめると…

  • 1、面接会場には10分前に到着しよう!
  • 2、入室のマナーを確認しよう!
  • 3、退室のマナーを確認しよう!

上記の3つの流れとマナーがあります。

面接前日に準備できることがあれば、前日に行っておいて、面接の流れに関しても、今一度シミュレーションしておきましょう。

また面接室を出た後に油断をして、携帯電話で操作をして企業側にマイナスな印象を持たれてしまうといった方も実際にいるので、面接会場を出るまでは、まだまだ面接は続いているという気持ちを持って、面接会場を後にしましょうね。

それでは、転職も人生も最高に楽しみましょう♪atsumura

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)