面接で履く靴下の色はコレ!印象がグッと高まる選び方を伝授

面接の前にスーツや鞄はしっかりと整えたけど、「靴下なんか見られることはないだろう。」といつも履いている靴下を適当に履いて、面接に向かう方も少なくありません。

お店の靴下

「靴下は脇役なんかじゃない!」

あなたは普段どんな靴下を選んで履きますか?意外とおしゃれに気をつかっている人であっても、「靴下は見られることがないから、何でもいいよ。」と、適当に選択して履いている方も結構多いのです。

しかし、おしゃれは足もとから、なんて言葉がある通り、足元は非常に重要。そして、足元とは靴だけではなくて、靴下も同様に足元ということで、女性が男性の靴下をチェックして採点することもあるそう。

スポンサーリンク

それでも、丸一日、靴下を絶対に見られない自信があるなら、何でもいいと思いますが、今回は面接ということもあり、スーツに靴下です。椅子に座った際には、スーツのパンツの裾が上がるため、結構な確立で見られてしまいます。

そのため、特に面接では、靴下もスーツと一緒にトータルコーディネートとして、しっかりと選ぶべきなのです。

という事で今回は、面接の際の靴下の色は何色がベストなのか?またその他の靴下の注意点に関しても徹底的にご紹介していきます。

では早速一緒に確認していきましょう。

面接官は靴下までチェックしている!

チェックする男性

「スーツに素足なんて絶対ダメ!」

面接官が面接時にあなたのスーツや鞄などをチェックしているのは知っていますよね。スーツのサイズが合っていないし、シワだらけ。または、スーツのサイズ感がピッタリしていて、シワ一つなく清潔感がある。このどちらが好印象かというと、もちろん後者です。

そのため、スーツが面接官にどれだけ大きな印象の違いを与えるかが分かると思いますが、先ほどもお伝えしたように、靴下もスーツのコーデには欠かすことはできません。

という事で面接官も靴下によって…

  • 「スーツに素足。。。ビジネスマナーを知らないのか?」
  • 「その靴下の色。。。スーツとマッチしていない、残念・・・」
  • 「靴下からすね毛が出てる。。。清潔感がないな・・・」

などなど、せっかくスーツが素晴らしくても、靴下を失敗すると、プラスマイナスゼロどころか、マイナスな評価になってしまいます。

ここまでで、靴下がどれだけ面接官にチェックされていて、スーツと同じぐらい重要だということが分かったと思います。では実際に次の章でまずは面接の際にベストな靴下の色を確認していきましょう。

スポンサーリンク

面接に履く靴下のベストな色はコレ!

スーツの足元

面接の時のスーツの色に関しては、黒、濃紺、濃いグレーがベストとなります。明るい色のスーツや派手な柄のスーツは、ビジネスシーンでは不向きです。

では、シンプルに考えて、この面接時に着用する黒、濃紺、濃いグレーのスーツにマッチする靴下の色を選択すれば、ベストということになります。

という事で早速答えからお伝えすると…

黒か濃紺の靴下がベスト!

なんです。

スーツの専門店に行くと、店員さんから「靴下の色は、スーツの色か靴の色に合わせた方がいいですよ ♪」なんてアドバイスがありますが、これはあくまでもおしゃれにスーツを着こなす際のアドバイス。

また、中学校や高校の制服に合わせていた、白い靴下をスーツに合わせる方もいるのですが、ビジネスシーンでスーツに白い靴下はNGですよ。

あなたは面接に行くのであって、特別スーツで小洒落た感じや個性なんかをアピールする必要はないのです。そのため、面接では全体を黒ベースにして、真面目でしっかりとしたイメージを面接官に与えることが大事

という事で、面接ではスーツの濃い色味と統一感が出るように、靴下に関しても黒や濃紺で合わせた方がいいということになるのです。

また、濃いグレーの靴下に関しては、スーツの色味によっては浮いてしまうことがあるので、やはり無難に黒と濃紺のどちらかに統一した方が良いでしょう。

色以外にも注意したいポイント【Q&A】

ドット柄の靴下

ここまでは、色に関してお伝えしてきましたが、靴下は色だけではなくて、その他にも気を付けなければいけない注意点やポイントがあります。

「靴下の色が黒や濃紺ならデザインなんかは何でもいいのかな?」といって、またまた適当に選択してしまい、後悔してしまった!という方も中にはいます。

そのため、最後にQ&A形式で、実際によくある質問と回答をまとめたので、確認していきましょう。

Q – ➀「靴下に柄が入っていても大丈夫なの?」

靴下の色は黒や濃紺であっても、ドットやアーガイルの柄が入った靴下も多く販売されています。おしゃれに敏感なビジネスマンがアクセントに柄物を履くこともあるのですが、やはり面接というシーンには相応しいとは言えません。

その他にも…

  • ブランドの刺繍が入った靴下。
  • ボーダー柄が上部に少しだけ入った靴下。

などに関しても、避けた方が良いでしょう。

立った状態であれば、このような刺繍や上部の柄に関しては分かりませんが、座った時に、思った以上にパンツの裾が上がってしまい見えてしまうことがあります。

そのため、靴下は柄が入っていない、無地を選択するのが無難と言えます。おしゃれなお店に行くと無地が販売されていないこともあるのですが、ユニクロやH&Mなどのファストファッションのお店や100円ショップなんかで柄がない靴下は購入できますよ。

スポンサーリンク

Q – ➁「短い長さの靴下しか持っていないけどいいの?」

短い長さの靴下は、アンクルソックスやくるぶしソックスと言われているタイプのものですね。このような靴下は、見た目通りでもありますが、カジュアルシーンやスポーツをする際によく使用されるものです。

質問者さんがどれぐらいの短さのことを言っているのかは分かりませんが、くるぶしぐらいの長さはふくらはぎが見えてしまうので、どうしても社会人のスーツスタイルにはマッチしません。

そのため、おすすめは…

  • ふくらはぎが隠れるぐらいの長さの靴下。
  • ひざ下付近までの長さのハイソックス。

これぐらいの長さがあれば、椅子に座った際やしゃがんだ際でも、ふくらはぎが見えることはありません。

また、長い靴下を持っている方でも一度は自宅で履いて、何回かしゃがんだり、立ったりしてみましょう。ハイソックスであっても、長く履いていると靴下のゴムが緩くなってきて、下に下がってしまうことがあるので注意してくださいね。

Q – ➂「靴下の素材は何でも大丈夫なの?」

靴下の素材も様々ですが、面接のスーツに合わせるのであれば、綿100%で厚手のタイプがおすすめです。

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維の素材の靴下は、革靴だと蒸れやすくなります。また、薄いタイプの靴下は、すね毛が靴下から出てしまう危険性や、肌の色が透けてしまうこともあるのです。

せっかく長い靴下で、ふくらはぎを隠していても、このようなことになってしまっては本末転倒。。

その他にも…

  • 光沢感がある靴下。。
  • 厚手のモコモコした靴下。。

に関しても、ビジネスシーンには合わないので避けましょう。

やはり、無難にユニクロなんかでシンプルな綿100%素材の靴下を選択するのがおすすめですね。

Q – ➃「面接用の靴下を購入するべきか?」

面接の靴下について詳しくお伝えしてきたので、「やっぱ、面接用に靴下を買った方がいいのかな?」なんて疑問が浮かんできますよね。

確かにここまででお伝えしてきたような靴下がないのであれば、購入した方がいいでしょう。しかし、自宅に使えそうな靴下があるのであれば、それで問題はありません。

ただ、その靴下をしっかりと確認はしておきましょう。

  • 穴は空いていないか?
  • 大きく目立つ毛玉はないか?
  • 汚れがついていないか?

この3点を確認して、問題なければ、今自宅にある靴下で十分でしょう。ただ、一度スーツと合わせて、座ってみたり、しゃがんでみたりして、靴下が下がってこないか?などに関してもチェックするといったことが大切です。

私も転職活動の際に、自宅に合った靴下を履いていったのはいいのですが、ゴムが緩くなっていて、ずれ下がってきたため、面接前にコンビニで急遽靴下を購入したのを覚えています。。
 

まとめ

褒める男性

いかがでしたでしょうか。
今回は、面接の際の靴下の色は何色がベストなのか?またその他の注意点に関してもご紹介してきました。

靴下の色は、スーツの色と統一感が出るように、ダーク色の、黒か濃紺のどちらかにしましょう。

その他にも…

  • 無地の靴下!
  • 長めのロング靴下!
  • 素材は綿100%!

この3点に関しても面接の靴下として、最適です。

自宅にこのような靴下がない場合には、ユニクロでも、100円ショップでも今回のポイントをおさえた靴下は購入できるので、面接用として数枚持っておくと安心ですね。

それでは、あなたの転職も人生も最高に応援しています♪atsumura

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)