履歴書の大学院の書き方【見本あり】間違いやすい箇所を解説

大学院まで出た方が、履歴書を記載する際に、大学卒業までは記載したが、この後で手が止まってしまう方が多いのです。「大学と一緒で大学院も入学と卒業でいいのか?」「または、入学と修了なのか?」といったことなどで悩んでしまうのです。。

考えている女性

「大学院でツッコまれる方続出中!」

履歴書に高校、大学と順調に記載をしていったが、大学院を記載する際に、悩んだ挙句、何となくで適当に記載してしまう方も結構います。

その結果、面接の際に、面接官から、「これって、どういうこと?」「記載内容、間違ってない?」などとツッコまれてしまう方もいるようですね。。

スポンサーリンク

大学院まで出たので、しっかりとアピールしたいにも関わらず、履歴書の記載ミスで少しでも悪い印象になってしまったら、非常にもったいないです。

という事で今回は、履歴書の大学院の正しい書き方に関して見本をもとに分かりやすくご紹介していきます。

では早速一緒に確認していきましょう。

履歴書に大学院を記載する際のポイント!

驚く男性

「大学院は、修了か?または卒業か?」

大学院を記載する際に悩んでしまう原因の一つに、大学院は修了なのか?または卒業なのか?といった問題があります。しかし、この問題はシンプルに考えれば、実は簡単に答えが導かれます。

どういうことかというと…

  • 卒業とは「学校の『全ての課程』を学び終了すること。」
  • 修了とは「学業などの『ある一定の課程』を終了すること。」

このように、卒業と終了の意味は異なっているのです。

これで何となくピンときた方もいると思いますが、大学院とは、修士課程と博士課程があるので、それぞれ終了すると大学院の中のある一定の課程を終了することになります。

そのため、大学院とは修士課程で終えたのなら、「修士課程⇒修了」となり、博士課程も終えたのであれば、「博士課程⇒修了」となるのです。

ちなみに「大学院⇒卒業」としてしまうと、修士課程で修了したのか?博士課程まで進んで修了したのか?が分からなくなってしまいますよね。

という事で、大学院では、課程毎に分けて記載をするので、一定の課程を終了したことを意味する『修了』を使うのです。

全課程と一定課程の違い

では実際に書き方の見本を用意したので、次の章で一緒に確認しながら記載していきましょう。

スポンサーリンク

履歴書に大学院を書いてみよう【見本あり】

履歴書に大学院を書く

ここまでは、間違いやすい大学院の履歴書のポイントについてお伝えしてきましたが、ここからは、実際に見本をもとに書き方をご紹介していきます。

先ほどもお伝えしたように、大学院には「修士課程」と「博士課程」があるので、ここではより詳しく修士課程のみで修了した場合と博士課程まで進んだ場合に分けて履歴書の書き方をご紹介します。

1、修士課程のみで修了した場合!

修士課程のみで修了した履歴書

修士課程のみで修了した場合には、上記の画像のように「入学年次(卒業年次) 〇〇大学大学院〇〇研究科〇〇専攻修士課程 入学(修了)」といったように記載していきましょう。

ここで一つ疑問が浮かぶ方もいると思います。「卒業した大学と同じ母体の大学院に入ったのに、『入学』でいいのか?」といった疑問です。はい、これに関しては、同じ母体であっても、大学院に改めて入るということになるので、『入学』と記載します。

2、博士課程へ進んだ場合!

博士課程へ進んだ場合の履歴書

修士課程を修了して、博士課程へ進んだ場合には、上記の画像のように、まずは修士課程を修了とした後に、一段下がって、改めて博士課程入学と記載して最後に博士課程修了まで記載していきます。

しかし、全単位、博士課程は取得したが、博士号は取得しなかった場合もあると思います。その場合には、下記の画像のように、「退学」と記載します。一般的には、「単位取得後退学」と記載するようですが、スペースが無ければ「退学」でも問題はありません。

博士号は取得しなかった場合の履歴書

スポンサーリンク

よくある間違いと注意点!

大学院の書き方の注意点

最後によくある間違いと注意点に関して、ご紹介していきます。まずは、上記の画像の赤枠を見ていただきたいのですが、先ほどとは書き方が異なっているのが分かります。

  • 「修士課程」⇒「博士前期課程」
  • 「博士課程」⇒「博士後期課程」

となっていますよね。

そうです、大学院によっては、正式名称がこのように、異なっている場合があるのです。その場合には、ご自身でしっかりと名称を確認した上で正しく記載をしましょう。

また、履歴書の大学院欄を書いていると、細かい漢字が多く出てくるので、書き間違いがないように注意してください。

例えば…

  • 「終了ではなくて、『修了』」です。
  • 「過程ではなくて、『課程』」です。

この辺の漢字の間違いをする方も結構多いので、気をつけながら書くようにしましょう。また、間違えてしまったら、書き直すか修正するようにしてください。

修正の仕方については、「履歴書の修正方法はあるのか?緊急事態に使う「奥の手」とは」の記事を参照してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、履歴書の大学院の正しい記載方法に関してご紹介してきました。

一番のポイントは、大学院は「卒業」ではなくて、「修了」と記載をするということでした。ここがもっとも間違えやすい箇所になるため、大学を記載した流れで、そのまま大学院に関しても「卒業」と記載することがないように注意をしてくださいね。

後は、修士課程のみの場合と、博士課程まで進んだ場合の書き方を改めて確認をして正しく記入していきましょう。

それでは、あなたの転職も人生も最高に応援しています♪atsumura

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)