履歴書を郵送する際には御中?または宛?どっちが正解なの!?

履歴書を郵送する際の封筒に宛名を必ず記載しますが、「人事部 御中?」または「人事部 宛?」・・・どっちが正しいのかなぁ??なんて悩んでしまう方も多いのです。

郵送された履歴書を確認する女性

「ビジネスマナーが減点される!」

私が以前ある企業の採用担当をしていたときの話しです。大手求人サイトで募集をかけたため、多くの応募者から履歴書が送られてきました。しかし、多くの封筒を確認すると、御中だったり、宛だったり、と結構バラバラでした。。

その当時、採用担当になったばかりの私は特別気にはしなかったのですが、私の上司に関しては、「う~ん、ビジネスマナーが分かっていない人が多いなぁ~。」と首をかしげていました。

スポンサーリンク

これは私の話しの一例ではありますが、もし自分だけが間違った宛名の記載をしてしまっていたら、かなり目立ってしまうし、やはりビジネスマナーで減点をされてしまうことだってあります。

うん、このようなことで減点されてしまっては非常にもったいないですよね。。

という事で今回は履歴書を郵送する際の封筒に記載する宛名は御中?または宛?どっちなのか!?について分かりやすくご紹介していきます。

では早速一緒に確認していきましょう。

履歴書を郵送する宛名は御中なの?または宛なの?

履歴書と封筒

履歴書の封筒の宛名に関しては、冒頭でもお伝えした通り、間違ってしまう人も多いですし、中には何も気にしないで、適当に記載してしまう方もいるのが実情なんです。

ただ封筒に大きく記載してある宛名は、採用担当者はしっかりと目を通すため、マイナスな印象になってしまうことだってあります。

そこで今回は画像と一緒に分かりやすく宛名の記載方法をご紹介していくので、履歴書を正しく記載するのはもちろんのこと、封筒に関しても、手を抜くことがないように、しっかりと確認しておきましょう。

とは言っても、基本的に使うのは、「御中」「様」の2つだけ。またこの2つの使い分けも意外と簡単ですよ。

では次の章から順番に詳しく確認していきましょう。

部署宛なら「御中」を使う!

封筒に御中を書く

上記画像では会社名の後の部署名が「総務部 人事課」となっています。このように、部署名を会社名の後に記載する場合には、「御中」を使います。

  • 部署宛に送るように指定された。
  • 採用担当者の名前が分からない。

といった場合には、部署名までしか記入することができないため、宛名の最後が部署名になるケースとなります。

ここでは、部署名宛なら御中を使うということを覚えておけば完璧ですよ。

では続いて「様」を使う例を確認していきます。

スポンサーリンク

担当者宛なら「様」を使う!

封筒に様を書く

上記の画像のように、採用担当者の名前が分かっている場合には、会社名、部署名を記載した後に、「〇〇様」と記載します。

  • 「佐藤宛」
  • 「佐藤御中」

といったように、名前の後に、「宛」や「御中」を使ってしまう方もいるのですが、これは間違いとなります。

もしも、担当者がわからないが、部署宛の指定がない場合には、「採用ご担当者様」と記載しても大丈夫です。

という事で、ここでは、採用担当者の名前が分かっていれば、「〇〇様」と記載をして、採用担当者の名前は分からないが、部署宛の指定が無かった場合には、「採用ご担当者様」と記載をする!ということを覚えておけば完璧です。

その他の注意点も確認しておこう!

今回多くの方の疑問であがった、宛名は「御中」か「宛」か?・・・といった問題でしたが、結局のところ、「〇〇宛」といったように宛を使うケースはありません。

その他にも…

  • 「殿」は目下に用いるので使いません。
  • 「さん」ももちろんNG。「様」を使います。

このようなことにも注意をして宛名を記載しましょうね。

また役職が分かっているときに、「部長」や「課長」などとする場合がありますが、その場合には、「部長 〇〇様」と記載をします。間違っても、「〇〇部長様」と記載しないように注意してください。

宛名以外に注意すること!

封筒に履歴書在中と書く

宛名以外の注意点を最後にご紹介していきます。履歴書を購入した場合、その中に入っている封筒には、上記の画像赤枠で囲まれた「履歴書在中」といった記載がほとんどされています。

しかしもしも記載がなかった場合には、自分で手書きで、履歴書在中と記載して、定規などでキレイに赤枠で囲めば問題ありません。

では封筒の裏面の注意点も確認しておきましょう。

スポンサーリンク

封筒の裏面を確認しよう!

封筒の裏面の書き方

履歴書の裏面は上記の画像の通りではありますが、左側に自分の「住所(郵便番号も忘れないこと)、名前」を記載します。また、左上の方で結構なので、封筒を投函する日を記入しましょう。この投函日に関しては、期日までに送ったという証拠にもなります。

例えば封筒を見落としていた採用担当者の方がいたとしても、後々その日付があれば、こちらは期日までに送りました。といった証拠になります。そのため、必須項目ではありませんが、記入した方が絶対に良いでしょう。

そして、すべての記載が終わったら、封筒に添え状、履歴書、職務経歴書などを入れて、のり付けします。最後に、未開封を証明する意味の「〆」を記載して完成となります。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、履歴書を郵送する際には封筒に御中を記載するのか?宛を記載するのか?に関してご紹介してきました。

大きく分けると…

  • 部署宛なら「御中」を使う!
  • 担当者宛なら「様」を使う!

ということでしたね。

結果としては、御中は部署宛に使うが、「宛」を履歴書の封筒に記載することはないということでした。

封筒の記載方法に関しても、ビジネスマナーがチェックされて、場合によってはマイナスな印象を持たれることがあります。そのため、ぜひ今回の記事を参考にして、正しく宛名を記載できるようにしておきましょうね。

それでは、あなたの転職も人生も最高に応援しています♪atsumura

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)