転職活動で疲れた20代に贈る!4つの超パワーアップ成功法

転職活動を開始して、サクッと決まる人もいれば、半年、1年、または2年となかなか決まらないなんて人もいます。転職活動とは結婚活動にも似ていて、お互いがマッチすれば、あっさり決まるケースもあれば、なかなかマッチせずに、苦戦する!なんてケースももちろんあるんです。

ほふく前進するスーツの男性

「転職活動中に父親に実家を追い出されました。。」

私は20代の頃、プロフィールにもある通り、10回以上の転職をしてきました。その転職中にもっとも「疲れた・・・もうダメかも。。」なんて時期が、実家にて転職活動をしている際中に、なんと父親に『1週間後に家を出ていけ!』と実家を追い出された時ですね。

転職活動がなかなか決まらず、焦っている私に対して、なんと「家が無くなってしまう!!」という最強の追い打ちが・・・

なぜそのようなことになったのかというと、転職を繰り返している息子!日中なぜか寝ている息子(当時は夜勤バイトをしながら転職活動をしていた為。)!を見かねて父親の怒りがついに爆発してしまったんです。

さすがに1週間で引っ越しはできませんでしたので、2週間の猶予を頂き、転職活動中に、『一人暮らしの準備。』といったおまけがつき、無事に2週間後に転職決定、、いえ、賃貸物件決定!となりました。。。

その後、日中に転職活動をして、夜勤で生活をして何とかやりくりをしながら、1年以上経過したある日、無事に転職することが出来たんです。

結果オーライでしたが、実家を追い出されてから、一人で毎日寝る間を惜しんで転職活動をしている時には、幾度となく『疲れた。疲れた。。疲れた。。。』と家に帰れば、自然と口癖のように『疲れた。』が私の口から吐き出されていました。

スポンサーリンク

私の話しが長くなってしまいましたが、しかしこの苦しい状況下の中であっても、「疲れた。。」から全く正反対の『ワクワク♪』に変えることができたんです。もちろん、転職に成功できたのはこのワクワクの気持ちが心にあったからです。

転職活動においても、結婚活動においても…

  • もう疲れた。。
  • 超イライラする。。
  • 全然ついてない。。

こんな気持ちの状態では、上手くいかないでしょう。

こんな時の自分の顔や姿を鏡で見てください。いかにも貧乏神が宿っているような、暗~い、マイナスオーラが出まくっていますから。
残念ながら、そんな人を企業は採用をしませんよね。そんな人と結婚したいなんて思いませんよね。

しかし、私の経験上、この「疲れた。」と自分で自分を客観視できているときは、実はチャンスなんですよね。こんなときこそ、思考を変えなければダメかも!なんて思うのです。恐らくあなたもそれをなんとなくわかっているからこの記事を読んでいると思います。

ではそんなあなたに、今回の記事で「疲れた。。」から『超ワクワク♪』へ変換する4つのパワーアップ法をご紹介します。

ということで今回は、転職活動で疲れた20代が、一気に気持ちが軽やかになってモチベーションが上がる4つの方法をご紹介します。

「ピンチはチャンス!」とはまさに今のあなたの状況なんです♪

転職活動で疲れた20代は今がチャンス!

ゴールにサッカーボールを蹴る選手

「浪人生活は人生においてプラスになる事が多いんです。」

浪人をしないで、一発で大学に受かったほうが100%良いとは限りません。浪人することによって、「精神的に人一倍強くなれる。」「人生を再確認して見つめ直す事がでできる。」「将来を真剣に考える時間と向き合える。」といったように、浪人生活の中で自分と向き合えるため、人としての成長が高まるんです。

もちろん、真剣に浪人生として、努力をしている人だけですが。

転職活動も浪人生と似ています。ストレートで採用!となったほうが必ずしも良いとは限りません。転職活動することによって、「精神的に人一倍強くなれる。」「人生を再確認して見つめ直す事がでできる。」「将来を真剣に考える時間と向き合える。」といったように、得るものは人生の宝物です。

とは言っても、精神的にも肉体的にも疲れてしまう時期はやってきます。

そんなときはこの4つの方法を試してください…

  1. 転職のプロに話しを聞いてもらう!
  2. 全てがプラスになっている事に気づく!
  3. 自分を高めるために休みを取る!
  4. 方向転換を考えてみる!

上記4つは実際に私が試して、効果があった方法です。

冒頭のように、家を追い出されて、実家とは正反対の地域に引っ越しをして、一人暮らしをしながら夜勤でバイト、そしてなんといっても転職が決まらず超~苦戦。。。

そんな私を転職成功に導いてくれた方法とはこの4つ。今のあなたにもオススメです。もちろんとっても簡単な方法なので是非すぐにでも実践してほしいのです。

では詳しく順番に確認していきましょう。

スポンサーリンク

1、転職のプロに話しを聞いてもらう!

リクルートエージェントと話し合う人

「あなたには最強のコンシェルジュがいますか?」

転職活動をしているかたの多くは、自分で求人サイトを確認して、応募して、面接へ行って、という流れでしょう。しかし、いつまでも経っても決まらずに時間がかかり、それに比例してストレスも溜まっていき、『疲れた。。』となってしまいます。

そんな時には、あなたの相談や要望を聞いてくれる最強のコンシェルジュをつけてみてはどうでしょうか。

転職のコンシェルジュとは??はい、お気づきのかたもいると思いますが『転職エージェント』に登録をするということなんです。なかには有料もありますが、ほとんどが無料で様々な転職支援会社から登録ができます。

転職エージェントとは?

転職を希望している人に対して、専任のキャリアコンサルタントがあなたの希望や適正、能力に応じて、多くの求人のなかから、多くの企業を紹介してくれます。

また履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策や給与交渉など、転職に成功するために、多くのアドバイスや提案をしてくれるのです。

そして求人の量や質も高く、一般の求人サイトでは公開していない非公開求人と言われる求人までも取り扱っているので、個人での転職活動に苦戦。。しているかたには、心強い味方となってくれるのです。

上記のように転職エージェントとは、転職に苦戦しているあなたをサポートしてくれて、書類選考、面接に突破!そして採用の扉を開けるお手伝いをしてくれます。

ただ私の場合は、転職エージェントに完全に頼るのではなくて、個人でも求人サイトをチェックして、自分にマッチしている企業があれば応募をしていました。

転職エージェントに登録すると、私にマッチした企業をその都度メールなどで教えてくれます。そのため、完全に個人で応募して転職に苦戦していた時は、面接が1ヵ月に1,2回程度でしたが、転職エージェントに応募してからは、多いときには1週間に4,5社の面接を受けることができました。もちろん、すべて妥協無しの企業ですよ。

まぁ、これだけでも、転職エージェントに登録しない手はありませんが、今回の記事のキーワードは『転職活動に疲れた。。』でしたね。

そんなときには、誰かに相談したり、今の気持ちを吐き出してみたりすると気持ちは大分楽になって、「ヨシッ!!明日からまた頑張るか!」といったようにやる気や活力が復活します。

もちろん、両親や友人なんかに転職の不安や悩みを聞いてもらうだけでも、気持ちは楽になるのですが、残念ながら転職に関しての最良の答えはなかなか返ってきません。

そんなときに、もっともオススメしたいのが、転職エージェントの転職サポート担当者(あなたの専任コンシェルジュ)に話しを聞いてもらう!ということ。

転職エージェントに登録の際にも、親切、丁寧に話しを聞いてくれますが、転職成功までの間、あなたをサポートをしてくれるため、あなたと担当者が時間を合わせれば、何度でも相談や悩み、不安などを聞いてくれます。

そしてそんなあなたの相談に対して、プロである担当者は最良の答えとこれからの道を提案してくれるのです。

しかし、プロの担当者とはいえ、もちろんあなたと同じ人間であるため、中には『合わない人。。』もいるのです。

そのため、私のオススメは…

  • 転職エージェントに3社(3名)登録をする!
  • 担当者が合わなければ変更希望を申し出る!

この2つがとってもオススメですね。

転職エージェントの会社は現在は非常に多くの会社があります。その中から、1社のみ選択して登録をしても、その1社のみのセオリーしか学ぶことができないのです。

あなたの適正や能力は変わらなくても、それを分析して応対してくれる内容は3社に登録したら、3社ともに違いはあるのです。そのため、1社だけのノウハウだけを頼るのではなくて、3社に登録して様々な角度から自分を分析してもらうと、自分の立ち位置が明確になるでしょう。

人によっては、10社以上に登録している!なんてかたもいますが、登録会社が多すぎると自分を分析するどころか、何が正しいのか混乱を招いてしまいます。また多すぎると転職エージェントと上手に付き合うことが出来なくなってしまい、結果連絡が来なくなってしまう。。なんてデメリットもあります。

やはりオススメは3社。3社に登録して、あなたの担当者が決定するわけなのですが、もちろんここでもお互い人間であり、『相性が合わない。。』なんてこともあります。

転職エージェントに登録したが、全く使ってない!なんてかたの理由の一つとして、「担当者と合わなかったから。」という理由があるんです。

そのため、登録した際に決定した担当者と相性があわないなんて時には、転職エージェントの総合窓口や電話で相談をして、担当者の変更の意思を伝えましょう。

やはり、担当者と合わない場合には、何を相談しても、「うーん、答えが微妙。。」とモヤモヤが解消されず、さらに疲れてしまいますよね。

『転職エージェント = 疲れを癒す』といった場所ではありませんが、転職活動に疲れた際に、相談に丁寧に乗ってくれて、最良の答えを導き出してくれれば、自然とあなたの疲れも癒されて、やる気や活力も見出されるのです。

そんなわけで、転職活動に疲れたら、あなたにマッチした最強のコンシェルジュを味方につけましょう。

私が実際に転職活動で疲れた際に、転職エージェントに登録をして非常に好印象であった転職エージェントをここで3社ご紹介します。

転職エージェントのオススメはココ!

リクルートエージェント

転職業界において、長年トップに君臨する、リクルート。そのリクルートグループが手掛けている転職エージェントがリクルートエージェントです。

優秀な社員が多いと評判で、キャリアコンサルタントはベテラン揃い。サポートももちろん、求人の量と質も非常に高く、転職成功決定実績はなんと業界NO,1です。まずは、ここに登録をして損はないといえるでしょう。

リクルートエージェント

type転職エージェント

1994年から活動を開始している、type転職エージェントは、老舗ならではの、独占求人の数の多さやノウハウの質の高さにも定評があります。

また以外にも、超大手の転職企業に比べると、認知度が低いためか、登録者の数も多くはないとの事。そのため、1人1人きめ細かくサポートをしてくれる、人対人といった人間味のある親身で丁寧なサポートがとても人気が高いんです。

type転職エージェント

JACリクルートメント

転職業界は非常に多くの会社がありますが、実は転職支援サービスに特化した会社はこのJACリクルートメントだけなんです。

転職サイトを持たずに、転職支援だけに特化している老舗の会社であるため、様々な求人企業からの信頼度も高く、非公開求人の量も非常に多いのが魅力です。あなたの市場価値をしっかりと企業側に提案するために、キャリアコンサルタントがあなたの魅力と武器を最大限に引き出して採用の扉へと無理なく導いてくれます。

JACリクルートメント

では、続いての疲れたときの、パワーアップ法をご紹介します。

スポンサーリンク

2、全てがプラスになっている事に気づく!

ガッツポーズをする男性

「転職活動中は、常にワクワクと刺激を受けていました。」

私も転職活動で「疲れた~。。」なんて時期はありましたが、一つ一つの行動に置ける、物の捉え方と思考をチェンジしてみたら、それはもう毎日ワクワクと刺激を心地よく受けていて、成長してレベルアップしている自分に気が付いて楽しくなってくるんですよね。

転職活動をしているかたの思考は、時間の経過と共にネガティブになってきて…

  • 転職出来るか心配になってくる。。
  • 転職している自分がみじめになってくる。。

などなど、およそ90%以上のかたが、転職中にネガティブに陥った経験があるのです。

これでは、転職活動をしている自分に自信が持てなくなってしまい、言葉や姿からも、自然と「うぁ~この人ネガティブ・・・」と言ったような、マイナスオーラが出てきてしまうんです。

転職が大成功するかたのオーラとは、それとは正反対で、『この人ちょ~~、キラキラしてる♪』といった具合に物凄く輝いています。

どっちを選択するかは、一目瞭然ですよね。「疲れた。。」なんて時は、前者のようにマイナスでダークなオーラ。でもどうすれば、キラキラとしたポジティブなオーラになれるのだろうか・・・

実は超簡単です。今のあなたはキラキラしている事をしているはずなのに、勝手にダークなほうに意識を向けてしまっているだけなのですから。
転職活動で「疲れた~。」は本当は、スポーツを終えたあとのような、爽快で美しい「疲れた~♪」なんですよ。

何でもいいですが、例えば、あなたがサッカーの部活をしているときは、サッカーが上手になりたくて必死に頑張って、そして刺激を受けて、「あの先輩のように上手くなりたいな~♪」なんて考えながらワクワクしながら、練習をしていると思います。

転職活動も同じなんです。転職するというゴールに向かって、必死になって、履歴書を書いて、外へ出て面接を受けます。そして素敵な汗を流して、家に帰ってきて、「疲れた~♪」といってスーツを脱いで、冷たい水を飲んで「気持ちいい~、今日もたくさんの刺激を受けた~、あの企業に入りたいな~」なんて思うとワクワクが止まりません。

例え不採用であっても、採用されなかった理由を自分の中で、真摯に受け止めて、次の成功に向けて、さらなる対策や作戦を練ったりして、自分を高めていきます。すると、「この会社は合わなかったんだ、もっと自分にマッチした会社がこの先に待っているんだ!」と全ての出来事がプラスに変わるんです。

そんなことを常に意識すると、もう本当にすべての出来事と時間がプラスなんです…

  • スーツに着替えている時間も
  • 電車に乗っている時間も
  • 額から流れ出てくる汗も
  • 面接で上手くいかなかった出来事も

もうすべてがプラス。プラス。重ねるごとにさらに、プラスとなるんです。

全ては、『最高の転職先に就職するための行動!』なのでマイナスな出来事なんてないんですよね。

人生も同じように、すべてが実はプラスでマイナスな出来事はないんです。今まで失敗してきたからこそ、成功するために思考を変えたり、行動パターンを変えてみたりするのです。するといつの間にか、仕事においても、恋愛においても、成功を掴むことが出来るんです。

あなたの最高の転職先の会社はもうすぐそこにあるかもしれません。または、まだ少し遠いのもしれません。ただ言えることは、最高の会社に入るために、今の行動は無駄にはなっていないということ。

「転職に疲れた。。」は、本当は『天職に出会うために、プラスな行動をしているから、疲れた~♪』だったんです。

3、自分を高めるために休みを取る!

横になりながら本を読む女性

「山登りは、休憩時間がとっても大切なんです。」

私もそうでしたが、転職活動が長引いてくると、誰もが必ず『疲れた。。』というポイントに差し掛かります。本気で転職活動をしていれば、時間もかかることだって、もちろんあります。

そんな時には、途中で休憩をしましょう。低い山であれば、休憩など必要ありませんが、あなたが目指している山は、天職に出会うための、そこそこ高い山です。

そうです、転職活動とは登山と一緒で休憩が必ず必要なんです。

登山の休憩のメリットは、休憩することで…

  • エネルギーが沸いてくる!
  • 肉体的にリフレッシュする!
  • 精神的にリラックスできる!

といった体と心の負担を回復させることが出来るんです。

またこれを乗り越えれば休憩だ!あと少し頑張ったら休憩だ!といったように、休憩時間を設けることで、山に登っている間もやる気や活力が生まれます。高い山ほど休憩はとっても大切なんです。

転職活動も一緒です。上記で取り上げた3つの最大のメリットがあるんです。転職活動も登山も休憩が無ければ、効率がとっても悪くなるでしょう。または、途中で挫折してしまう可能性だってあるんです。

それでは、休憩の大切さがわかったところで、どんな休憩時間がもっともプラスの時間となるか?をお伝えします。

転職活動中にプラスとなる休憩の取り方!

まずは休憩の取り方ですが、だらだらと1週間休むといった休みかたはNGです。長らく休んでしまうとかえって、やる気がなくなってしまったりするからです。

休憩を取るならば、例えば、週に1回、または2週間に1回といったように、転職活動中の間、間に休憩時間を決めましょう。先ほどの登山と一緒で、休みを間に挟むと、転職活動中もやる気や活力が生まれて、非常に集中出来て効率が良くなります。

またその休みの日には、転職活動のことを考えると休んでいる気がしないので、自分を高めるために、自己啓発の本や動画などを見たりして、人としての成長を高めましょう。

あなたが人生のマスターではない限り、『人間関係、目標達成、目標設定、健康面』などなど本や動画で学ぶことによって、転職後の会社でも必ず役に立ちます。

このように、休憩はとっても大切なんです。

転職活動|休憩|転職活動|休憩|といったように、間に休憩を挟んだほうが、効率が良いので、転職活動も今まで以上に、心身ともにリフレッシュ状態になって、気持ちがラクチンにもなるので、意外とスムーズに転職が決まることだってあるんです。

「疲れたから休憩しよう。。」ではなくて、これからは疲れる前に間に休憩を挟んで、軽やかで肉体的、精神的負担の少ない転職活動で成功を目指しましょうね。

スポンサーリンク

4、方向転換を考えてみる!

紙飛行機を投げるスーツの男性

「低空飛行からグッと上昇気流に乗るのもあり。」

いきなり上昇気流をつかむのは、結構難しいものです。だったら、最初は低空飛行で無理なく軽やかに飛行して、流れを掴むことができたら、一気に上昇気流に乗って、高く飛べばいいと思います。

何が言いたいかというと、今あなたが頑固として正社員の道を選択し続けて、なかなかうまくいっていないのであれば、そろそろ方向転換を考えても良いのかもしれません。

例えば、こんな切り替えも出来ます…

  • 契約社員から、正社員へ!
  • 派遣社員から、正社員へ!
  • 紹介予定派遣から、正社員へ!
  • アルバイトから、正社員へ!

主にこのような方向転換があります。

ほとんどの企業で、いきなり正社員になったとしても、試用期間があります。3ヵ月間や半年間の試用期間です。あなたもそうですが、企業側もこの試用期間中に「仕事が出来ない。。」や「うちの会社と合わない。。」なんて思われたら、解雇!なんてこともあるんです。

転職活動が長引いた今だからこそ、方向転換を考えて、目先の未来ではなくて、長い将来を見据えた自分を思い、まずは契約や派遣やアルバイトからだっていいと思います。

しかも、いきなり正社員になるよりも、さらに3つのメリットがあるんですよ。

正社員より扱いが優しい!

新卒でもない限り、いや新卒であっても、いきなり正社員で入社すれば、上司や会社からの扱いがもっとも厳しくなります。会社を代表とする『正規社員』なので当たり前ですが。

しかし、契約社員や派遣社員の間に、上司と仲良くなることによって、正社員に切り替わったときも優しい対応をしてくれるなんてことにも繋がるのです。

会社の雰囲気を味える!

正社員で無ければ、会社の雰囲気をとことん味わって体感することができるため、じっくりと考えてから正社員へとステップアップすることが可能です。環境や人間関係など会社の雰囲気があまりにもマッチしないために、辞めてしまうかたも多いのが現状です。

そのため、雰囲気を先取りしたり、人間関係を構築してから正社員になる!なんてかたも結構多いんですよ。

頑張れば正社員になれる!

私も結構このパターンからの正社員になったことがあります。契約社員からの正社員。派遣社員からの正社員。実はこの道は、意外と難しくないんです。雇用形態は違えど、頑張っていれば「正社員考えてみない?」といったように声が掛かったりします。

または自分から「正社員になりたい!」といった意思を伝えてみると、あなたが会社にとって有力な人材であれば、「どうぞ♪」となるでしょう。

このように、非常に素晴らしいメリットもたくさんあるんです。

今までは、「正社員しか考えていなかった!」なんてかたも、このようなメリットがあるので、別の角度から考えて正社員を狙ってみるのも良いですよ。

長期戦に入って「疲れた。。」なんて時には、このように別の角度から採用の枠を狙ってみると、スムーズに企業に入れたりもします。

20代後半に転職!未経験求人は山ほどある!

ブラカードを持って笑顔な女性

「20代後半の転職は、天職に出会える可能性が高い。」

20代後半で転職するかたは、転職を複数回・・・と繰り返しているかたが多いでしょう。私も20代後半には10回以上転職を繰り返してきました。
う~ん、やはりこのような人材は企業側から嫌われてしまうのか。

答えは反対です。20代後半で転職回数が多くても、それはあなたの経験値となっていて、最強のキャリアとなっているから、上手にアピール出来れば、採用されやすいのが実情です。

20代前半では経験値が浅い。。30代は求人数激減。。それに比べて、例え転職回数が多くとも、社会人としてのキャリアを少なからず踏んできたという点では20代後半の転職は有利となります。

ここで自己分析をしっかりとして、転職を成功させて天職に出会うかたが非常に多いのです。

20代最後の集大成として自己分析をしよう!

  • あなたの強みや弱みは何でしょうか?
  • 将来はどのようなあなたを想像していますか?
  • あなたのモチベーションが最大限に出る状況はどんな状況でしょうか?

上記3個の項目に関して、しっかりと今までの自分と向き合ってみて、自分で自分を客観的に見て分析してみましょう。

今まで高めてきたコミュニケーション能力を最大限に生かせる職場であれば、給料が例え平均水準より低くてもやる気が出る人もいます。
または、とにかくお金が大好きで給料が高ければ、モチベーションが上がるので、仕事内容は多少なり妥協できるなんて人もいます。

このように自己分析次第で、もっとも自分にあったこれから先の仕事の方向性を確実に認識できるのです。

そのため、今までのあなたの経歴や長所、短所、人間関係を、嘘偽りのないようにきれいに洗い出しましょう。失敗から得た経験、または成功から天狗になってしまった自分などなど、包み隠さず、企業に最大限に自分を売り込むための準備をしましょうね。

あとは、転職回数は徹底的に企業にアピールすれば良いのです。

転職回数をアピールする方法!

転職回数が多ければ、その転職回数を最大限にアピールすればいいのです。しかし、上手くアピール出来なければ、「すぐに辞めてしまうのでは・・・」と思われてしまうこともあるでしょう。

それでは実際にどんなアピールがプラスになるのかというと…

  • 様々な業務知識(ノウハウ)を身に付けることが出来た!
  • それぞれの仕事を柔軟にこなしてきた!
  • コミュニケーション能力が向上した!
  • どのような仕事が向いているかが分かった!

このように、様々な仕事をしてきたからこそ得られたプラスな経験値は非常に多いですし、好印象となります。

広く浅く経験してきたからこそのスキルを生かして、「御社では末永く就業したい!」といった決意をアピール出来れば転職回数はあなたの最強の武器となるのです。そのため、転職回数は包み隠す。。なんてもったいないことはせずに、どんどんとアピールしていきましょう。

上記でお伝えしたように、あなたのその転職回数を前向きにアピール出来れば、『転職回数が多い=マイナスイメージ』なんてことは全くありません。

ちなみに私も10回以上あった転職回数を20代後半の面接では、上記のポイントを抑えて最大限にアピールをした結果、未経験からいきなりチームリーダー候補として入社することが出来たんです。

私にとって転職回数は今でも私のアピールポイントであり、人生に置いて、最強にプラスの経験ですね。もっと、もっと転職すれば良かった(笑)なんて思いますもん。

転職回数が多いのに成功する訳!常識破りの3つのメソッド」を読めばさらに転職回数など関係がないことに気が付きますよ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、転職活動で疲れた20代が、一気に気持ちが軽やかになってモチベーションが上がる4つの方法をご紹介してきました。

疲れてしまって、精神的にも肉体的にも参ったときには…

  1. 転職のプロに話しを聞いてもらう!
  2. 全てがプラスになっている事に気づく!
  3. 自分を高めるために休みを取る!
  4. 方向転換を考えてみる!

上記4つがオススメなんです。実際に1年間以上転職が決まらずに「もう、ダメだ、、疲れた。。」なんて状態であった私が経験して、効果があった方法です。

この4つのどれか1つを試すだけでも、もちろんめちゃくちゃモチベーションが高まります。でも私的にはあなたには欲張って頂き、試せる方法はぜ~んぶ試してみてほしいですね。

転職のプロに相談して疲れを癒して!転職活動の時間と行動の全てがプラスの経験になっている事を理解して!さらに自分を向上するために休みを取って!転職活動が長引いているのであれば方向転換を考え派遣や契約社員からスタートする!

この4つを全て試せる状況であれば、全部試してください。
まだまだあなたは20代です。20代後半でも、まだまだ20代です。

人脈もスキルも無い、あるのは転職回数の多さだった。そんな私でも転職回数を逆手に取って、そして今回の方法を試したら未経験職種であったのにチームリーダー候補として採用して頂き、さらに前職よりも遥かに給与UPの転職が出来ました。なので、現在のあなたも「疲れた。。」なんていうときこそ、天職に巡り合えるチャンスだと思って休みながらも行動してみましょう。

転職を強く希望している方だけ見てください!

あなたに最後に質問があります。

  • リクナビネクストって知っていますか?
  • リクナビネクストに登録はしていますか?
  • プライベートオファーってご存知でしょうか?

この3つの質問のうち一つでも「NO!」があった場合には、あなたは転職活動において損をしている可能性が非常に高いです。

ぜひ、あなたも一度リクナビネクストのプライベートオファーの成功率を下記をクリックして確認してみてください。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)