面接で「お酒は飲めるか?」の質問の意図と最適な返答はコレ

面接では様々な質問をされますが、企業によっては答えづらい質問が連発することもあります。この質問に対しての正しい答えは分かっているけど、嘘になってしまう。。そんな時には正直に言うべきか?はたまた、面接突破のために少しぐらい嘘をついてしまうか?・・・と葛藤する方もいるのです。

面接で質問をする男性

「お酒は飲めますか?どれぐらいイケますか?」

私が20代の頃は、今よりも体育会系のノリの企業が多かったためか、「お酒は飲めるんですか?」「お酒は好きですか?」といった質問が頻繁にありました。

何も分かっていなかった当時の私は、『この質問の意図とは一体何なんだ??』と真剣に考えて、本当はお酒が好きなのに、「お酒が好き」でも「お酒が飲めない」でもない中間的で無難な「少しは飲めます。」という回答をしたことがありました。

その会社には無事採用になったのですが、いざ入社したら、社長が大のお酒好きで、もう毎日のように終電ギリギリまで飲み会が開催される会社だったのです。
その時に私は思いました。面接の際の私の「少しは飲めます。」の返答でよく採用されたもんだな・・・と。。

そんな私の話しはさておき、面接で「お酒は飲めるか?」の質問に対して、お酒が飲める人は返答しやすいと思うのですが、飲めない人に関しては、どのように返答するべきなのでしょうか。またこの質問の意図もしっかりと抑えておきたいですよね。

という事で今回は、面接で「お酒は飲めるか?」の質問の意図と最適な返答方法に関してご紹介していきたいと思います。

では早速一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク

面接で「お酒は飲めるか?」の質問の意図とは!?

無数のたぬき

「やはり、飲み会が多い会社なのか・・・?」

面接でお酒の話しをするなんて、何事・・・?とビックリする方もいると思います。またこの質問は答えづらいと思いますが、実際にまだまだ多くの企業で、特に最終面接なんかで聞かれることがありますね。

また一般的には営業職なんかは、飲み会が多い職種のため、この質問を結構な割合でされると言われていますが、まぁこれに関しては企業によっても異なってはくると思います。

では一体このような質問をする会社とはどのような会社なのか?をまずはお伝えします。

  • 飲み会が多い会社である!
  • 体育会系の会社である!
  • クライアントとの接待が多い会社である!

上記のような会社の可能性が高いのです。これを確認すれば、もうこの質問の意図も必然的に導かれてきます。

そうなんです、お酒の付き合いが多い会社だから…

  • お酒は楽しく飲める人なのかな?
  • お酒の付き合いは悪くないのかな?
  • 接待の時にお酒は飲めるのかな?

このように非常に『飲みニケーション』を大事にしている会社であるため、お酒に関しての質問をしてくるのです。お酒が大好きな従業員が多い会社だと、必然的に飲み会も多くなりますし、お酒でコミュニケーションを図ろうとする会社も多くなりますからね。

また接待で切っては切り離せないものといえば、お酒なんですよね。『接待=お酒』として、連想する方も非常に多いのではないでしょうか。

ということで、簡単にまとめると、「お酒は飲めますか?」は「お酒が飲める人であってほしい!」という面接官の意図があるということになります。ここまで分かれば、この後の返答も見えてきましたが、お酒を飲めない人であっても最適な返答の仕方があるので、そちらも確認していきましょう。

スポンサーリンク

面接で「お酒は飲めるか?」の最適な返答!

答え方が分かって喜ぶ女性

面接官が確認をするような「・・・は大丈夫ですか?」「・・・はどうでしょうか?」といった質問は最終面接の時に多く、『最終確認や最終的なジャッジ』をする上での判断材料とする時に多い質問と言えます。

そのため、この時点でお酒の質問が出るということは、企業側からしたら「飲める人であってほしい!」という気持ちが強いのです。

そのため、飲める人に関しては…

  • 「お酒は飲めます。」
  • 「お酒は好きなほうです。」

といった返答で問題ないでしょう。

また、お酒は弱いが飲める人!に関しても、飲めるのであれば、「お酒は飲めます。」または「強くはないですが、飲めます。」と答えるのが最適ですね。

ただこの流れで、話しが盛り上がったとしても、間違ってもお酒の失敗談を話したり、健康的にそれってどうなのか?といったような飲み方の話しは避けて、ここは冷静になり、「お酒は好きなので、よく飲みます。」ぐらいに留めておくのが良いでしょう。

では、体質上全く飲めない人だったり、健康面を考えて飲まない人は何て答えるのがベストなのでしょうか?

全く飲めない人はどうするの?

お酒が全く飲めない人、または健康のことを考えて、あえて飲まない人もいます。そのような方たちは、「お酒は飲めるか?」の質問に対して、何と返答するのが、もっとも良いのでしょうか?

その前にポイントを!

この質問に対して、嘘をついて採用を勝ち取るといった考えで、「はい、飲めます。」「はい、嫌いではないです。」などと答える方も実際にいるのですが、これはオススメできません。

なぜかというと、もしこれで無事に採用になったとします。そして実際に飲み会のときになって、「実は、まったく飲めないんです。。」は面接時に嘘をついたと判断されます。

自社の飲み会だけではなくて、接待に誘う可能性も含めて、「お酒は飲めるんですか?」と予め聞いていたのに、採用した後に「飲めなくて接待に支障が出た。。」なんてことになったら、採用取り消しの可能性だってあるのです。

※面接の時の嘘に関しては「面接で嘘がバレたらどうなるの?強烈な4つの逆襲が待ってる」を記事を確認してみてください。

上記のようなことにならないように嘘はやめて、真実を伝えます。
ただ印象を良く思ってもらいたいなら…

  • 「お酒は飲めませんが、お酒の席は大好きです。」
  • 「お酒は飲めないのですが、一緒になって楽しむことができます。」
  • 「お酒を飲まない分、お酒を飲んでいる方を介抱する役に回ります。」

などなど、お酒は飲めない!は正直に伝えた上で、「でも、こうなんですよ♪」をポジティブに伝えることができれば、面接官も「なるほど、いいね!」といったように納得させることもできるのです。

スポンサーリンク

ただ、あなたがこのようなお酒の質問に対して、どう思ったか?がもっとも大事なことでもあります。(※飲めないけど、どうしても入社したいから飲み会が多くてもいいのか?または、飲み会が多いなら、楽しめそうにないから入社はないかな?のどっちなのか。)

そのため本当にこの会社は「お酒は飲めるか?」=「お酒の席が多い会社なのか?」を知るため、面接の終盤の逆質問の際に…

  • 「先ほどお酒のお話しが出ましたが、皆様で飲みに行くことはよくあるのでしょうか?」
  • 「先ほどお酒のお話しが出ましたが、私のようにお酒を飲まないかたもいらっしゃるのでしょうか?」
  • 「先ほどのお酒のお話しで気になったのですが、接待などに参加する機会も多いのでしょうか?」

といったように、質問をして直接聞いてみると良いでしょう。

そこで、予想通り「飲み会が多い!」「接待が多い!」ということが分かったら、そのような環境でも楽しく仕事を続けて行くことができそうなのか?をしっかりと自問自答して考えましょう。

もし、難しいようであれば、採用が決まったとしても採用をお断りする方が良いでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、面接で「お酒は飲めるか?」の質問の意図と最適な返答方法に関してご紹介していきたいと思います。

この質問の意図とは、一般的には…

「お酒の席が多い会社だが、お酒は飲めるかね?お酒は好きかね?」

といったような、何とも分かりやすい意図があります。
もちろん、お酒が飲める!お酒が好きだ!、、そんなあなたは、そのままの気持ちを伝えれば良いのです。

ただここで困ってしまうのは、『お酒が全く飲めない人』。しかし、ここで嘘をついても仕方はありません。採用されたら後々バレてしまいます。

そのため、ここでは一旦…

  • 「お酒は飲めませんが、お酒の席は大好きです。」
  • 「お酒は飲めないのですが、一緒になって楽しむことができます。」
  • 「お酒を飲まない分、お酒を飲んでいる方を介抱する役に回ります。」

とお酒は飲めないけど、楽しめるアピールをして、少しでもマイナスな印象にならないように答えておきましょう。

その後最後の逆質問の際に、「飲み会や接待で飲む機会は多いのか?」を自然な言い回しで確認をします。そしてやはり飲み会が多い会社であれば、あなたもしっかりと検討をする必要があります。

最後にまとめると、お酒を飲めない人は、『面接官:「お酒を飲めるか?」』⇒『あなた:「飲めないが、お酒の席は好き!」』⇒「あなた:「飲みの席は多いか?」」この流れで今回の質問に関しては、対処していくのが良いでしょう。

それでは、あなたの転職も人生も応援しています♪atsumura

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
面接で「あなたを動物に例えると?」の完璧な返答12選!
面接で「好きな言葉は?」の例と答え方!抜群に印象が高まる
面接の逆質問で転職突破!注意点と好印象を与える例を公開
面接で丸暗記がダメな3つの理由?巧みなアドリブ風で攻めよ
面接では御社か貴社か?正しく使い分けをしないと損をする!
面接で嘘がバレたらどうなるの?強烈な4つの逆襲が待ってる
面接の時の笑顔の作り方とは?自然なスマイルで差をつける☺
面接時間が短いのは不採用だから?真実を知ってスッキリする
面接の前日にはやることがある!絶対必須の5つの項目とは?
面接で交通費支給!新幹線なら出るか?企業の実情を徹底調査
面接で出されたお茶は飲む?飲まない?最適な行動を伝授
面接に車で行って駐車場へ!これってあり?なし?徹底調査
面接の入室マナーを完璧に習得する!鞄の持ち方と位置も伝授
面接の鞄の置き方!正しいマナーを画像で分かりやすく解説

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)