面接の前日にはやることがある!絶対必須の5つの項目とは?

面接に向けて今日まで多くの対策や準備をしてきたが、ついに明日が面接当日。今日は明日に向けて、何もせずにこのまま就寝しようではないか。と緊張を隠すかのように、何もやらずに寝てしまうかたもいます。

困っている男性に近寄るサングラスの男

「前日にコケると当日もコケるぞ!」

今までの準備お疲れ様です。では、明日のために、前日は何もせずにどうぞグッスリお休みください。なんて言いたい所ですが、これは絶対にNG!

今まで頑張って準備してきたことが、水の泡になってしまう場合もあります。前日になにもしないということは、残念ながら本番を投げてしまっているようなものなのです。それ程までに、前日の準備はとっても大切です。

私の過去のお話しになりますが、面接までの間、しっかり準備をしてきたので、面接前日は特に何もせずに、明日に備えて早めに就寝したことがあります。そして当日になり面接会場まで電車で向かっているとき、「え~っと、質問に対する答えは・・・」「逆質問はあれを質問して・・・」ってあれ、今まで準備してきた面接の流れが、把握できていないことに気が付きました。。

焦った私は、電車の中で質問に対する回答だったり、面接の流れを書いた紙を必死になって確認するが、焦っていたのか、全く頭に入ってきませんでした。そして、いざ面接を向かえましたが、やはり思うように答えることが出来ず、あえなく面接は完敗。。。

スポンサーリンク

これは私の一例ではありますが、前日に最後の最後まで準備をしないと、今まで準備していたことが水の泡となってしまうことだってあるのです。そのため、前日だから!と言って気を抜かずに、前日だからこそ!の準備をしっかりして、万全の体制で明日に挑みましょう。

という事で今回は、面接の前日に必ずやるべき5つのことをご紹介していきます。

では早速確認していきましょう。

面接の前日に必ずやるべき5つのことを伝授!

ガッツポーズをする男女

「とは言っても、そんなに時間かからないです。」

面接当日にやらなければならないことがあると言っても、そんなに多くのことがあるわけではありません。そうですね、例えるのであれば、大好きなあの人とのデートの前日の準備と思って、ワクワクした気持ちで行っていけばいいでしょう。

では、その面接前日にやるべき5つの事とは…

  1. 持ち物と身だしなみのチェックする!
  2. 交通ルートの確認をする!
  3. 面接当日の流れを一通り確認する!
  4. 質問の回答から逆質問まで整理する!
  5. 企業や業界の最新情報をチェックする!

以上5つの項目だけでOKです。

今までも準備してきたと思うので、特別前日になって寝る間を惜しんでやるべきことでもありません。最後の最後のちょっとした確認!ぐらいに思って、明日のために、準備をしていきましょう。

では、早速上記5つの準備を詳しく順番に確認していきましょう。

スポンサーリンク

1、身だしなみと持ち物のチェックする!

シャツにアイロンをかける

面接と言えばスーツですよね。もちろん、スーツ面接でないかたであっても、明日着用する洋服に改めて目を通して、明日きれいな状態ですぐに着れるように、整える必要があります。

スーツであれば…

  • ワイシャツ、スーツに「シワ」がないか?
  • ワイシャツ、スーツに「汚れ」はないか?

をしっかりチェックしておきましょう。

また靴に関してはおろそかにしてしまうかたもいるのですが、普段履いている靴ならばもちろんのこと、面接用にしまってあった靴であっても、意外にも埃や汚れ、時にはカビが。。なんてこともあります。

足元はあまり見られないと思って準備をしないかたもいるのですが、面接官はもちろん足元まで、清潔感があるかを第一印象でチェックします。そのため、汚れなどがあれば、靴磨きなどでしっかり磨いて、ピカピカの靴で面接に挑んでくださいね。

また持ち物に関しても、忘れ物があっては困ってしまうので、前日にしっかりと鞄のなかを確認して、必要な持ち物が入っているかをチェックしましょう。

すでに持ち物を確認済のかたは問題ありませんが、「持ち物って何を持っていけばいいんだっけ?」なんて困ってしまったかたは、「面接の持ち物とは?転職成功者が必ず抑える17のアイテム!」を確認してみましょう。

2、交通ルートの確認をする!

スマホで交通ルートの確認をする女性

「前日に交通ルートなんて、確認する必要ないでしょ?」なんて思ったかたもいると思いますが、本当に明日そのルートで面接会場まで行ける自信は100%ありますか。

何が言いたいかというと、もしかしたら、そのルートは明日電車が止まってしまって、使えないかもしれません。そのようなことが起きてしまったら、別のルートを確保しておく必要がありますよね。

そのため、念には念をという事で…

  • 第二、第三の交通ルートも確認しておく!
  • 駅から面接会場まで徒歩何分なのかを確認しておく!
  • タクシーに乗ることも想定して多めにお金を用意しておく!

明日あなたがどのような理由であっても遅刻をしてしまったら、取返しがつかなくなってしまいます。そしてここまでの準備がまったくの無駄になってしまいます。

そうならないためにも、上記3つに関しては、明日正規の交通ルートで何が起きてもいいように、おさえておきましょう。

※駅から面接会場まで徒歩何分かかるのか?を調べるには、「マピオンナビ」で徒歩の距離が確認できますよ。

スポンサーリンク

3、面接当日の流れを確認する!

面接当日の流れを想像する

面接会場に着いてから、面接会場を出るまでの、一連の流れを把握しておくと、気持ちがリラックスして、明日になって急に面接の流れに関しての不安が出ることが無くなりますよ。

面接は本当に担当者と顔を合わせて、お話しするだけで終わりですか?面接概要を改めて確認してみませんか?

もしかしたら…

  • 筆記試験があるかも!
  • パソコンを使用した適性検査があるかも!
  • グループディスカッションが行われるかも!

上記のようなことが、実は簡単に目を通していた、または目を通していなかった、面接概要に記載があるかもしれないのです。明日急に想定外のことが発生して、焦ってしまわないように、明日の当日の面接の流れをもう一度確認しておきましょうね。

4、質問の回答から逆質問まで整理する!

メモ張に記入する

前日までの間にも、質問に対する回答だったり、逆質問を考えたりしていることと思いますが、前日に最終チェックをしておきましょう。

ご家族など、どなたか相手が家にいるのであれば、相手に面接官役になってもらい、面接のシミュレーションをしてみるといいです。また一人であっても、イメージトレーニングとして、予想している質問に対しての答えを、しっかりと声に出して、練習してみましょう。

しかし面接の回答を丸暗記すると、いかにも覚えてきたかのような、話し方になってしまうことがあるので、要点だけをおさえて、自然に言葉が出てくる状態が良いでしょう。
※「面接で丸暗記がダメな3つの理由?巧みなアドリブ風で攻めよ」を参考までにどうぞ。

また逆質問に関しては、面接終了前に面接官から「最後に何か質問はありますか?」といった逆質問タイムがやってきます。ここで、「いえ、特にありません。」はもちろんアウト。やる気や自分を最大限にアピールするチャンスとばかりに、2つ以上は必ず質問しましょう。

そのため、予め準備しておく逆質問は5つ以上準備があると余裕があっていいですね。もしまだ逆質問が決まっていないかたは、「面接の逆質問で転職突破!注意点と好印象を与える例を公開」を確認してみましょう。

5、企業や業界の最新情報をチェックする!

パソコンで企業情報を調べる

企業のホームページを見てみると、大抵の場合「News(ニュース)」といったコンテンツが設けてあります。会社概要などをホームページで確認するのも、もちろんのこと、前日に関しては必ず、最新のニュースが更新されていないか、を確認しましょう。

なぜかというと…

  • 「〇〇といったサービスを開始したのですが、ご存じでしたか?」
  • 「〇〇に弊社の広告が掲載されたのですが、ご存じでしたか?」

などといったように、最新のニュースをチェックしているのか?を面接官が確認してくることがあります。そうです、あなたの志望度をチェックしているのです。いや、特別チェックしているというわけでなくても、質問に対して、「いえ、知りませんでした。」では、残念ながら折角のコミュニケーションの機会が台無しになってしまいます。

そのため、面接を受ける企業の最新ニュースはもちろんのこと、その企業と同じ業界の最新情報までも、パソコンやスマホなどを使って確認しておきましょう。

スポンサーリンク

あとは明日に備えて早めに就寝しよう!

倒れながらグーする男性

ここまでで、面接前日にやるべきことを5つご紹介しましたが、あなたは明日何時から面接でしょうか。朝からのかたや夜からのかたもいることと思います。しかし、何時から面接であっても、上記でお伝えした準備が完了したら、あとは明日に備えて、早めに就寝しましょう。

早めに就寝するにも、もちろん理由があります。

  • 絶好のコンディションで挑んでほしいからです。
  • 早めに起きて余裕を持って準備をしてほしいからです。
  • 万が一、明日起きて体調が悪かったら早めに企業に連絡しないといけないからです。
  • もちろん寝坊なんて出来ないからです。

上記の理由によって、明日面接が控えているので、やるべきことが完了したら早めに就寝することが大切なんです。

私の場合は面接前日に先ほどお伝えした5つの準備をして早めに寝て、そして早めに起きます。そして前日行った準備を最終確認として、もう一度当日の朝に行っていました。

前日の準備をここまでお伝えしましたが、あなたも明日は早めに起きて、もう一度本日行った準備を最終確認として行ってみてはいかがでしょうか。大分心がリラックス出来て、安心して面接に向かうことが出来ますよ!

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回は、面接の前日に必ずやるべき5つのことをご紹介してきました。

面接前日にやるべき5つの事とは…

  • 持ち物と身だしなみのチェックする!
  • 交通ルートの確認をする!
  • 面接当日の流れを一通り確認する!
  • 質問の回答から逆質問まで整理する!
  • 企業や業界の最新情報をチェックする!

以上の5つの項目だけでOKです。

今までも準備してきたと思うので、特別前日になって、寝る間を惜しんでやるべきことでもありません。しかし、最後の最後の確認!ぐらいに思って、明日のために、前日の準備はしっかりと行っていきましょう。

転職を強く希望している方だけ見てください!

あなたに最後に質問があります。

  • リクナビネクストって知っていますか?
  • リクナビネクストに登録はしていますか?
  • プライベートオファーってご存知でしょうか?

この3つの質問のうち一つでも「NO!」があった場合には、あなたは転職活動において損をしている可能性が非常に高いです。

ぜひ、あなたも一度リクナビネクストのプライベートオファーの成功率を下記をクリックして確認してみてください。

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
面接でマスクは風邪でもNG!3つの理由と安心の対処法とは
面接の逆質問で転職突破!注意点と好印象を与える例を公開
面接で丸暗記がダメな3つの理由?巧みなアドリブ風で攻めよ
面接の持ち物とは?転職成功者が必ず抑える17のアイテム!

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)