面接ではメガネか?コンタクトか?抜群の見た目で勝負しよう

面接では第一印象がとっても大切ですが、その第一印象にもっとも関わってくるのが、何と言っても『顔』。

顔の見た目や顔の表情はとっても大切なんです。ただここでいう見た目とは、美男、美女か?といったことではなく、例えば、髪型やメガネなんかで変わる見た目です。

しかめっ面のスーツの男性

「メガネがNGな仕事があるって、マジか・・・!?」

はい、正解からお伝えするなら、メガネNGな仕事もあるのです。航空会社や化粧品会社の仕事の中には、メガネNGな会社もあります。また面接に行ったら、面接官から「メガネはあまりよろしくないです。」といったように、「えっ!なぜ!?」といったように意味さえ分からず驚いてしまうことだってあるのです。

私の知人でも以前アルバイトの面接に行ったときに、いつもかけていた真っ赤なメガネで面接に行ったら「メガネはその色しかないですか。出来れば、シンプルな黒色があればいいのですが。」と言われたみたいです。

スポンサーリンク

うん、ここまで来ると、「面接でメガネは不利なのか??」なんて疑問に思い、「そろそろ、コンタクトでも購入するか・・・。」なんて思った方もいるのではないでしょうか。では一体、面接ではメガネとコンタクトレンズのどちらの方がいいのでしょうか。

という事で今回は、面接ではメガネとコンタクトのどっちが有利でオススメなのか?についてご紹介していきます。

では、早速一緒に確認していきましょう。

面接ではメガネかコンタクトか!どっちがいいの?

メガネをずらして前を見る女性

「面接で伊達メガネをする人もいる!?」

面接では、見た目といった第一印象もかなり重要であることはお伝えしましたが、なぜ見た目がここまで大事なのでしょうか。

それは、第一印象といった、たった数秒の見た目によって、自分の印象というのは判断されてしまい、それ以降の面接の時間に関しては、その見た目を裏付けする判断材料となるのです。

そのため、最初の見た目が悪くなってしまうと、面接の合否に大きな影響を与えてしまうことになるのです。

そんなわけで、メガネも第一印象の見た目に大きく関わる要素の一つであるため、とっても重要であるということが分かります。しかしここまでで分かるように、メガネをかけるだけで、特別悪いイメージになるなんてことはないはずです。

最近では、メガネ男子やメガネ女子といった言葉もあるように、あえて伊達メガネをかけて、知的なイメージにしたり、オシャレを楽しんだりと、様々な使い方で昔に比べれば、メガネが愛されているのがわかります。

そうなんです、面接では『メガネ=不利』なんてことは一切ありません。ただメガネも面接マナーの一部だということ。

面接で「私服面接は全然OK!」といった会社では、それこそメガネに関しても自由と言えますが、特に正社員や契約社員のお仕事、またはアルバイトでもスーツ着用必須といった場合には、スーツ、ネクタイ、靴などの色やデザインは適切なマナーが求められてきます。
要するに、このような場合にはメガネも面接やスーツに適したメガネをかける必要はあるということになるのです。

そのため…

  • 奇抜なデザインのメガネ。。。
  • 派手な色のメガネ。。。
  • スーツに合わないメガネ。。。

といったような、カジュアル過ぎたり、スーツスタイルに決してマッチするとは言えないメガネに関してはマイナスなイメージになってしまうのです。

ということは反対にスーツにマッチしたメガネやあなたの顔の印象が良くなるメガネをかければ、プラスのイメージにも繋がるということになるということ。

では実際に、メガネで印象が良くなった例と反対に悪くなった例をご紹介していきます。

スポンサーリンク

メガネで印象が「良くなる例」【GOOD】

メガネの位置を直す男性

上手に自分の顔やスーツスタイルにマッチしたメガネをかけることによって、面接でプラスのイメージを獲得することが出来ます。ではどのようなプラスの効果が働くのかを確認しましょう。

  • メガネをかけたことによって、知的な印象になり、イメージがUP!
  • 目つきが悪いが、メガネをかけたことによって、柔らかい印象になって好感度がUP!
  • 面長の顔がメガネをかけてスマートな印象になり、スーツがきれいに見えて好感度UP!
  • スタイリッシュなメガネをかけて、真面目な印象になり、好感度UP!

上記のように、自分自身にマッチしたメガネをかけて好感度を得ることも出来れば、社風に合わせて印象を変えて好感度を得ることも出来るのです。うん、メガネって素晴らしいですよね。

しかし、メガネをかけてしまったことによってマイナスイメージになってしまった人も実際にいます。。

メガネで印象が「悪くなる例」【BAD】

睨み付けるインテリ系のメガネの男性

メガネがあなたにマッチしていなかったり、社風に合わないと、印象が悪くなってしまうこともあります。ではメガネをかけてしまったことによって、マイナスイメージになってしまう例を確認していきましょう。

  • 目つきが悪いのにシャープなメガネをかけてしまい、より恐いイメージになってしまった。。
  • あまりにもスタイリッシュなメガネをかけたことによって、嫌らしい印象になってしまった。。
  • 自然な笑顔が素敵な人なのに、メガネによって笑顔が不自然に見えてしまった。。
  • そもそもメガネが似合っていなかったので、スーツを着た全体的な見た目が悪くなってしまった。。
  • 髪型と顔つきが落ち着いている人がメガネをかけたことによって、暗いイメージになってしまった。。
  • 面接官が「メガネ=本音で話しを出来ない」といった印象を持っていて、印象が悪くなってしまった。。

上記のように、メガネが合わなかったり、極稀なケースではありますが、面接官や会社のこだわりによって、『メガネか?・・・う~ん。。』となってしまう場合があります。このような印象を受けるのであればメガネではなくて、コンタクトの方がもちろんいいですよね。

とは言ってもコンタクトも少しだけ注意点があるので確認しておきましょう。

面接時にコンタクトの注意点!

コンタクトの天敵は『乾燥』です。面接では特に緊張によって、瞬きの回数が無意識に減ってしまい、一気にコンタクトが乾燥して、いきなり「ポロッ・・」なんて外れてしまうことだってあります。

もちろん、面接中に外れてしまえば、面接官に気を遣わせてしまうか、目がぼやけたままそのまま面接を続けなくてはいけません。

このようなことにならないように…

  • 出来る限り乾燥しにくいタイプのコンタクトを選ぶ!
  • 面接直前に目薬をさして乾燥予防をする!
  • 面接中は意識をして瞬きの回数を少し増やす!

といった対策が必要です。

もちろん、コンタクトも人によって合う合わないはあるので、乾燥なんて全くしない人もいます。そのため、乾燥が普段から気になる方に関しては是非上記の対策をしてみてください。

という事でここまでで、メガネにもコンタクトにも良い点、悪い点があるということがわかりました。そしてやはり面接でメガネをかけるのであれば、自分の顔や面接にマッチした適切なメガネを選択しましょう。

では、最後に面接でかけると好印象になるメガネの選び方に関してご紹介します。

スポンサーリンク

面接のときに好印象になるメガネの選び方!

逆さになったメガネ

メガネをかけて面接に挑むのであれば、やはり印象が良くなるビジネスシーンにマッチしたメガネを選択するべきでしょう。では、そんなビジネスシーンにドンピシャにハマるメガネとはどのようなメガネなのか。

ではここで、実際にビジネスシーンに適したメガネのポイントをお伝えします。

  • フレームはシンプルなデザインを選択する!
  • フレームの色は黒や茶色などの定番色にする!
  • 透明度の高いレンズで目元が自然に見えるようにする!

上記の3つのポイントを抑えると面接のスーツスタイルには大活躍してくれます。
後は、あなたの顔の形や大きさ、印象にマッチしたメガネを選択すればバッチリです。

先ほどもお伝えしましたが、奇抜なデザインのメガネ。。。派手な色のメガネ。。。スーツに合わないメガネ。。。といったように、カジュアル過ぎたり、スーツスタイルに決してマッチするとは言えないメガネはマイナスなイメージになる可能性があるので要注意ですよ。

※こちらの「メガネスーパーのサイト」からあなたの顔に合うメガネを確認してみましょう。

履歴書と面接のメガネは一緒のものにする!

普段メガネをしている人が、たまにメガネを外したとき、「えっ、この人こんな顔してたの!?」なんて驚いたことはありませんか。メガネを外したら美人だった!またはイケメンだった!なんてこと。反対にメガネを外したら、「私の好きだったAくんはどこへ・・・。」なんて逆パターンも。。

どちらにしても、顔のパーツの最も目立つ『目』をメガネによってカバーしているわけなので、これほどまでにメガネで印象が変わるのも納得ではないでしょうか。

では上記を踏まえた上で質問があります。履歴書でメガネだったのに、面接ではコンタクト。または履歴書でコンタクトだったのに、面接ではメガネ。だったらどうなるでしょうか?

早速答えをお伝えしますが、採用担当者はこうなります。

  • 履歴書と顔の印象が変わったので覚えにくくなる。。
  • 印象に残りづらくなってしまい、面接では不利になる。。
  • 良い印象から、悪い印象に変わってしまうこともある。。

このように、履歴書の証明写真の顔と面接の顔がメガネによって変わってしまえば、マイナスな印象を与えてしまう可能性があります。そのため、メガネ一つで変わってしまうあなたの顔の印象は、履歴書と面接では特別な事情が無ければ、変えないほうがいいのです。

最後に

いかがでしたでしょうか
今回は、面接ではメガネとコンタクトのどっちが有利でオススメなのか?についてご紹介してきました。

実は「面接でメガネとコンタクトのどっち?」に関しては、どちらが正解などということは特になかったのです。今まで面接ではメガネが不利になってしまうのでは?なんて思っていた方も、面接で『メガネ=不利』なんていうことは一切ありません。

ただ、面接というシーンにあったメガネ!スーツにマッチするメガネ!を選択することは大切です。

そのため…

  • フレームはシンプルなデザインを選択する!
  • フレームの色は黒や茶色などの定番色にする!
  • 透明度の高いレンズで目元を自然に見えるようにする!

上記の3つのポイントは面接でのスーツスタイルには大活躍してくれます。
後は、あなたの顔にマッチしたメガネを選択すれば、コンタクトよりも印象がUPすることもあるのです。

極論的には、普段からコンタクトならば、面接はコンタクト。普段からメガネなれば、面接でもメガネ。でいいと思います。ただメガネの場合には、ビジネスシーンにマッチした決して遊びのないメガネを一つ用意しておいて、面接でかけていくのがオススメですね。

それでは、あなたの転職も人生も応援しています♪atsumura

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)