転職の面接で手ぶらは絶対NG!知って納得の3つの理由とは

面接日時が決まり、いざ面接の準備をしようとするが、「あれ、特に用意する持ち物なんてないじゃん・・・」と思って、そのまま手ぶらで面接に行く方もいます。
確かに、面接前に郵送で履歴書などをすでに提出している場合には、持ち物などないかもしれません。

両手を上にあげて笑う男性

「面接は手ぶらがスマートでしょ!」

街中で、特に男性の方で、手ぶらで歩いている人を見かけたりします。または最近だと、女性の方でもセカンドバッグなどを持って、スマートな出で立ちで街中を歩く姿を目撃します。そうなんです、手ぶらはスマートでカッコイイ!なんてイメージが特に若者の間ではあるようです。

しかし、面接ではどうなのでしょうか。本当にバッグ無しで面接に挑むと、「君は荷物がないのか。スマートでいいね~!」や「荷物がない?・・・という事は片付けが出来る!いいね~!」などと面接官に好印象に思われるのでしょうか?

これに関して、先に答えからお伝えすると、面接では残念ながら『手ぶらは悪い印象』になってしまいます。決して、手ぶらで好印象になることはないでしょう。・・・「えっ、何でよ?持ち物もないのに、手ぶらがマイナスって矛盾してるよ・・・」なんて思いますよね。

という事で今回は、転職面接で手ぶらがNGな3つの理由に関してご紹介していきます。

では早速一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク

面接の時に手ぶらがNGな理由とは?

手ぶらが街中では、スマート。しかし、面接では、決してスマートとは言えなかったのです。というか、面接では、おしゃれやかっこいいといった見た目よりも、やはりこれから社会人として企業で就業するビジネスマンとしての相応しい見た目が大切という事。

では手ぶらで面接に来た応募者に対して面接官はどのように思うのかというと…

  1. 志望度が低いと思われる!
  2. ビジネスマナーが出来ていないと思われる!
  3. 上手に面接をこなせていないと思われる!

このように、主に3つのマイナス要素を面接官に与えてしまうのです。

今までは「見た目よりも中身でしょ。」「バッグなんて見ていないでしょ。」などと思っていた方も、今回の記事にて、面接官がいかに、応募者の見た目や第一印象を大事にしているか、をしっかりと確認していきましょう。

では上記の面接官が手ぶらに関してマイナスイメージに思ってしまう理由に関して詳しく順番に確認していきましょう。

1、志望度が低いと思われる!

スマホを見て考える男性

志望度は見た目にも現れてしまうことがあります。勝負服やデート服があるように、相手に良く思ってもらうために、気合いを入れて、人は身だしなみを整えて、好印象を与えようとするものです。実はこれは面接でも同じことが言えます。

極端な例ではありますが、アルバイトと正社員の面接では、恐らく正社員の方が、気合いを入れるのではないでしょうか。
ここで、あなたの気合いを入れて印象を良くしようとした見た目に関しては、面接官も同じ印象を受けるということを知っておきましょう。

ではここで、手ぶらの見た目とはどのような見た目でしょうか。冒頭でもお伝えしましたが、カジュアルな装いにはスマートシンプルでカッコイイなんて印象があるかもしれませんが、『スーツに手ぶら・・・』はどうでしょうか。

  • やる気のない印象。。。
  • 何となく軽い印象。。。

などといったようにスーツが正装であるのに対して、手に何も持っていなければ、上記のような『だらしない。。』なんて、イメージに繋がってしまいます。

要するに、あなたが面接に置いて手ぶらであれば、「だらしない装い = 志望度が低いから」となってしまうのです。これが、結果として、スーツであっても、志望度の低い印象を面接官に与えてしまうのです。

志望度とは、「弊社にどれぐらいの意気込みで入社したいか?(第一志望なのか、またはそうでないのか?)」ということになるため、この志望度が低いと、どんなに素晴らしい人材であっても、志望度の高い人材を優先して採用することもあるため、このイメージだけで『不採用』となってしまう可能性だってあります。

という事で、やはり見た目の第一印象が悪くならないように、手ぶらはNGと言えるのです。

スポンサーリンク

2、ビジネスマナーが出来ていないと思われる!

面接の最中に帰ってしまう面接官

見た目のビジネスマナーとは、様々あります。髪型、髭、鼻毛、眼鏡、時計、などなど、身体の身だしなみから、服装の身だしなみまで様々。ではビジネスマンのスーツスタイルのマナーとはどのようなマナーなのか?

ここで一般的なオフィスでのスーツにNGな装いをあげてみると…

  • スーツにスニーカーはNG。。
  • スーツにTシャツはNG。。
  • スーツに帽子はNG。。
  • スーツに手ぶらはNG。。

はい、最後に出てきましたね。『スーツ + 手ぶら』はNGであるということ。

上記は基本的なオフィススタイルのビジネスマナーとはなりますが、中には「スーツを崩してもOK!」なんておしゃれを楽しんでもいい会社もありますが、やはり面接ではビジネスマナーが問われます。

そのため、面接前に、「弊社はスーツにネクタイよりも、自由な格好で就業してもらいたいので、面接でも私服で、また手ぶらで来てください。」・・・といった、極めて稀な指定がなければ、スーツにバッグを持っていかなければ、何て自由な人だ。。ビジネスマナーがなっていないな。。。などとどうしてもデメリットになってしまいます。

という事で、特別な指示がない限りは手ぶらはNGと言えますね。

スポンサーリンク

3、上手に面接をこなせていないと思われる!

お茶を持って驚く男性

面接では、面接室に入室してから、面接を終えて退室するまでの間、面接官はあなたの行動の面接マナーをしっかりと審査しています。ただ単に面接官に素晴らしい人材をアピール出来れば採用になる!というわけではないのです。

そのため、面接では一つ一つの行動を上手にこなさないといけません。名刺を頂く際のマナーが正しく出来ていること!ノートやメモで面接官がお伝えした大事な内容を記入すること!資料を頂いたらバッグの中にきれいにしまうこと!などなど様々なあなたの行動一つ一つをチェックしているのです。

という事は、バッグがないと…

  • ノートやメモをバッグから取り出す事が出来ない。。
  • 資料を頂いた時にバッグにしまう事が出来ない。。

などなど、何かあった時にしまって置くべきバッグがないと、スマートに面接をこなすことが出来なくなってしまうのです。

「メモはポケットにしまって置けばいいのでは?」と思う方もいると思いますが、面接では基本的にスーツのポケットに物は入れない!またポケットから物を取り出すのは決してスマートと言えない!のです。

そして面接の前や、面接中にはあなたに何が起きるかはわかりません。そのため、面接の持ち物とは、17のアイテムをバッグに入れておきたい所であります。その17の持ち物とは、「面接の持ち物とは?転職成功者が必ず抑える17のアイテム!」で確認しておきましょう。

例え、「持ち物は特になし」といった面接の場合でも、自分のために上記のアイテムは用意しておくと良いでしょう。

そして、何かあればバッグの中に入れて置いた私物を取り出し対応しましょう。また資料などを頂いたらバッグの中にきれいにしまいましょうね。

スポンサーリンク

面接のバッグはビジネスバッグが正解!

バッグを提げて歩くビジネスマン

ここまでで手ぶらがどれだけの見た目損をしてしまうのか、が分かったと思います。では面接にバッグを持っていけば、何でもいいのか?といえば、そんなこともないのです。

  • 紙袋なんてNG。。
  • セカンドバッグなんてNG。。
  • リュックなんてNG。。
  • ショルダーバッグもNG。。

なんです。

実は面接の際にスーツに合わせる最もベストなバッグというものがあります。
ではそのもっともオススメなバッグとは、何なのか?・・・それは、手提げのバッグ(ブリーフケース)となります。

そして、手提げバッグのもっともベストな色や形とは…

  • 色は定番の黒がベスト!
  • デザインは無地がベスト!
  • A4ファイルが入るのがベスト!
  • 自立するのがベスト!
    (床に置いても、倒れないバッグ。)

この上記4つがもっともベストなバッグですね。

よくを言えば、素材は革よりもボリエステルやナイロン素材の防水性!小物入れや肩掛けベルトがある!底に鋲が打ってあって安定性がある!といった鞄はさらに面接活動の際には扱いやすいでしょう。

※オススメのバッグです。参考までにどうぞ♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、面接官が手ぶらに関してマイナスイメージに思ってしまう理由に関して詳しくご紹介してきました。

手ぶらで面接に来た応募者に対して面接官はどのように思うのかというと…

  • 志望度が低いと思われる!
  • ビジネスマナーが出来ていないと思われる!
  • 上手に面接をこなせていないと思われる!

このように、主に3つのマイナス要素を面接官に与えてしまうのです。

今までは「見た目よりも中身でしょ。」「バッグなんて見ていないでしょ。」などと思っていた方も、今回の記事にて、面接官がいかに、応募者の見た目や第一印象を大事にしているか、をしっかりと確認ができたと思います。

またバッグを持っていくのであれば、何でもいいという事もなく、スーツには手提げのバッグ(ブリーフケース)を合わせて挑みましょう。

転職を強く希望している方だけ見てください!

あなたに最後に質問があります。

  • リクナビネクストって知っていますか?
  • リクナビネクストに登録はしていますか?
  • プライベートオファーってご存知でしょうか?

この3つの質問のうち一つでも「NO!」があった場合には、あなたは転職活動において損をしている可能性が非常に高いです。

ぜひ、あなたも一度リクナビネクストのプライベートオファーの成功率を下記をクリックして確認してみてください。

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】

転職の面接にリュックがNGって何で?6つの理由を徹底公開
面接の入室マナーを完璧に習得する!鞄の持ち方と位置も伝授
面接の持ち物とは?転職成功者が必ず抑える17のアイテム!

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)