履歴書の大学の書き方【見本あり】学歴欄を分かりやすく解説

履歴書には学歴を記載する。大学に入学したのであれば、もちろんその事実を記載する。実にシンプルですが、シンプルだからこそ誰に聞いたらいいのかわからない・・・。そして、記入に関しての悩みで手が止まってしまうのです。

土下座をしている男性

「大学名を間違えると、イメージダウンになる・・・。」

私の友人が現在企業の採用担当者をしています。先日ある応募者が面接に来たのですが、履歴書を拝見した所、大学名を間違えていたそう。。
まさか、明治大学を卒業したのに、早稲田大学などと間違える人はいませんが、母校の大学名が、正式には旧漢字の『大學』であったのに、『大学』と記入していたそうです。

採用担当者も応募者と同じ母校であったため、言葉には出しませんでしたが、「自分の母校の漢字を間違えるなんて・・・。」と印象は悪くなってしまったそうです。
そうです、採用担当者は、『母校の名前を間違える人 = 弊社で就業した際にも会社名を間違るかも。。』なんてマイナスな想像を掻き立てられてしまうのです。

これは一例ではありますが、このようなことにならないように、大学名にしても、学歴の記入方法しても、少しでも間違えがあると、ライバルに大きな差をつけられてしまいます。。

という事で今回は、履歴書の学歴欄に大学名を記入する際のポイントから実際に【見本】を参考にして書き方まで間違えのないように、しっかりとご紹介していきます。

では早速一緒に確認していきましょう。

スポンサーリンク

履歴書に大学の学歴を記入する際のポイント!

書き方が分からず困っている男女

「浪人したけど、学歴に記載するの?」

上記でお伝えしましたが、大学名は正式名称を記入してください。もし正式名称が分からない場合には、大学のホームページだったり、ウィキペディアで調べてみて、正式な名称を必ず確認して、その名称を履歴書に記載しましょう。

っとその前に、「そういえば、大学に入学する前に1年間浪人したよなぁ。この時期も学歴に記入した方がいいのかぁ?」なんて悩む方もいますが、答えからお伝えすると、『浪人』だったり、『留年』などのマイナスな印象を与えてしまう事をあえて記入する必要はありません。

なぜなら…

  • 浪人は学歴ではないので記入する必要はありません。
  • 留年も学校が変わったわけではないので記入する必要はありません。

上記のように、学歴とは大きな変化があった時にはその事実を記入をする必要はありますが、留年をした事をあえて記入してしまえば、『何か聞いてほしい事情があるのか?』などと思われてしまい完全に墓穴を掘ってしまいます。

また特に記入しなくても、入学から卒業までの間に何かしらのブランクがあったり、採用担当者がおかしいと思ったら、採用担当者から聞いてきます。もし聞かれなければ、特別こちらから進んでアピールするようなことでもないのです。

また上記2つは、履歴書に特別記入する必要がないため、経歴詐称や嘘偽りになることもありませんので、ご安心してください。

その他のポイントとしては、大学を記入する際には、省略をして記入する方も非常に多いのですが、これもNGです。高校であっても大学であっても専門学校であっても、履歴書は正式な書面であるので、必ず、省略はせずに、『学校法人(私立)・学部・学科・専攻』まですべて記入漏れがないように記入しましょう。

※専門学校の書き方は「履歴書の専門学校の書き方【見本あり】グッと高まる記入方法」で確認してくださいね♪

その他のポイントとして、大学は大学でも海外の大学に通っていた方もいますよね。ではその場合の書き方のポイントを確認しましょう。

例えば「スタンフォード大学」を卒業した場合ですが…

「Stanford University(スタンフォード大学)卒業(アメリカ合衆国カリフォルニア州)」

上記のように、アルファベットで大学名を記入してから括弧で、カタカナにて名前を補足します。入学なら入学、卒業なら卒業と記入した後に、最後は大学の国を括弧書きにて記入します。
海外の学歴も、もちろん評価の基準となるため、学部・学科・専攻科目も積極的に記入してくださいね。

それでは、記入する際のポイントが分かったところで実際に【見本(画像)】を参考にして記入していきましょう。

スポンサーリンク

履歴書に大学の学歴を記載してみよう【見本あり】

分かりやすく説明している男性

履歴書の学歴欄に大学を記入するポイントはつかめましたでしょうか。大学に入学したら、そのままストレートに卒業した方もいると思いますが、人生山あり谷ありなので、中退したかたや、休学したかたもいることでしょう。

そのため…

  1. 基本的な書き方!
  2. 中退した場合の書き方!
  3. 休学した場合の書き方!
  4. 留学した場合の書き方!
  5. 学部・学科を変更した場合の書き方!

上記の5つのパターン別に見本を一挙にご紹介していきます。あなたに当てはまる書き方を確認して、正確に記入していきましょう。

ではまずはもっとも基本的な書き方から見ていきます。

基本的な書き方!

一行で収まる場合

まずはもっとも基本的な書き方になりますが、大学名を記入する場合には、ただ「〇〇大学 入学」ではなくて、下記の画像のように『大学名・学部・学科・専攻』までを出来る限り記入して、採用担当者にアピールをしましょう。

※学生の方が就職活動をしていて、まだ卒業していない場合には『〇〇大学 〇〇学部 〇〇学科 〇〇専攻 卒業見込』と記入します。

一行で収める履歴書の大学の書き方

一行で収まらない場合①

上記のように一行で収まれば、そのまま一行で記入すればいいのですが、学部から専攻までを記入していると、一行の枠に収まらない場合があります。そのよう時には、下記の画像のように「~~入学」の下に「専攻」を記入して、二行目に分かりやすいように専攻科目をアピールするのが、一つの手段です。

一行で収まらない履歴書の大学の書き方_01

一行で収まらない場合②

上記でお伝えしたように、一行の枠内に収まらない場合には、「専攻」を二行目に記入するのも良いのですが、下記のように、学部・学科・専攻の文字数のバランスを見て、一行目と二行目に分けて記入するのも良いでしょう。どっちが正解とかは特にないので、採用担当者が見やすい履歴書を文字数に合わせて作成することを心がけましょう。

一行で収まらない履歴書の大学の書き方_02

スポンサーリンク

中退した場合の書き方!

途中で自主退学をした場合の書き方ですが、下記画像のように『中途退学』と記載します。そのさらに下に、中退した理由を書き添えると良いでしょう。

ただ、「単位を落としたため」「学校が合わなかったため」などと記載してしまうとマイナスな印象となってしまうので、中退した理由がプラスな理由でなければ、特に記載しないか、または「一身上の都合により退学」と記載するようにしましょう。

※中退の詳しい書き方は「履歴書の中退の書き方!面接官をプラスにする2つの条件とは」で確認してくださいね♪

大学を中退した際の履歴書の書き方

休学した場合の書き方!

大学生活を送っていて、途中で病気や怪我によって、大学に行けなくなってしまった。。なんて方もいます。またはその他にも、『家庭の事情』や『経済的理由』なんかで休学したかたも多いですね。その場合には、下記画像のように『休学』と記載した後に、休学理由も記載しましょう。

理由には、何かしらの事情で休学はしたが、今は仕事をする上で何の問題もない!といったことを記入する上で下記画像のように、『現在は勤務に支障なし』と付け加えましょう。

大学を休学した際の履歴書の書き方

留学した場合の書き方!

大学在学中に途中留学した経験があるのであれば、『留学期間。国。学校名。』を一行または二行でまとめて記入しましょう。

※さらに詳しくは、「履歴書の留学の書き方!学歴に記載できるの?できないの?」の記事も確認してみてくださいね。

留学した際の履歴書の書き方

学部・学科を変更した場合の書き方!

大学に入学した後に、途中で学部・学科を変更するかたもいます。その場合には、下記画像のように『編入学』と記載して、どこの学部・学科に変更になったのかがわかるように、変更になった学部・学科も記入しましょう。

学部・学科を変更した際の履歴書の書き方

スポンサーリンク

大学指定の履歴書はいつまで使えるのか?

履歴書とペン

「1年以内を基準とするのがベスト!」

履歴書は市販のものだけではなくて、大学に通っていれば、大学によっては大学指定の履歴書が存在するのです。実はその履歴書を使用した方が多くのメリットが存在します。

そのメリットとは…

  • 就活専用なので自己PRしやすいフォーマットである。
  • 一つ一つの項目欄が大きいので細かい点まで記入できる。
  • 上質紙で風合いが良いため、市販の用紙と差別化ができる。
  • 大学名が入っているので母校を主張することができる。

などなど、多くのメリットがあります。

ただこの履歴書ですが、「いつまで使用できるのか??」とこのような疑問が浮かんでくるかたも多いでしょう。大学を卒業して2、3年経過しているのに使ってしまうと逆にデメリットになってしまうのでは。。。などと。

それでは、この疑問を解消する鍵となる年数とは、『1年』となります。大学を卒業して1年以内であれば、面接官に違和感を与えることなく使用できますが、1年以上経過しているのであれば、「いつまで母校(大学)を主張するのか・・・。」といったように、面接官に対して、しつこい印象を与えてしまう可能性もあるのです。

そのため、大学指定の履歴書があれば、大学卒業後1年以内であれば活用しない手はないでしょう。ただ1年以上経過しているのであれば、市販の履歴書で出来る限り自己PRできるフォーマットを選択して、自分の強みを思う存分記入していきましょう。

コンビニやスーパーなどで販売されているものは、アルバイトやパート向けになっているので、大型文房具店で就活向けになっている履歴書を選ぶのが大吉です。

記入間違いはないか最後に確認しよう!

いかがでしたでしょうか。
ここまでで、履歴書の学歴欄に大学を記入する際のポイントから実際に【見本】を添えて書き方までご紹介してきました。

まずはもっとも多いクエスチョンの答えからお伝えすると…

  • 浪人は学歴ではないので記入する必要はありません。
  • 留年も学校が変わったわけではないので記入する必要はありません。

上記のように、学歴とは大きな変化があった時に記入をする必要はありますが、留年をした事をあえて記入してしまえば、『何か聞いてほしい事情があるのか?』などと思われてしまい完全に墓穴を掘ってしまいます。

後は上記でお伝えした【見本】をもとに大学の学歴を記載していけば問題はありません。
また最後にもう一点だけ。記入間違いや記入漏れがないか、学歴欄を記載した後、最後に見直しをしましょう。

  • 悪気はないが記入を間違えた。
  • わざと嘘偽りを記入した。

この2つに関しては、結果的に同等の意味で審査されて、例え採用されたとしても、就業後に解雇されてしまう可能性だってあるのです。

そのため、履歴書に学歴を記入する際には、今回お伝えしたポイントや記入例をチェックして、間違えがないか、をしっかり確認をして、記入後にダブルチェックとして、最後に見直しをしましょう。

それでは、転職も人生も最高に楽しみましょう♪atsumura

【今回の記事を読んで頂きありがとうございます^^次のおすすめ記事もどうぞ ♪】
履歴書の専門学校の書き方【見本あり】グッと高まる記入方法

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)