履歴書の派遣の職歴の書き方は?スマートにまとめて印象UP

履歴書に職歴を記入するのは、「楽勝~~っ!」と書き始めたけれど、ある箇所で勢いのあった手が一気にストップしてしまうかたが多いのです。職歴を記載する時にもっとも難易度が高いのが、そうです『派遣で就業していた時の記入方法』なんです。

口紅を見て喜んでいる派遣社員の女性

「履歴書は上手に書けば、いきなり好印象になる!」

履歴書の学歴欄と職歴欄は、今までの勢いで適当に、割とオリジナルに記入してしまうかたも非常に多いのが現状。。なぜかというと、履歴書の正しい書き方をどこかで誰かに教ったことがあるかたなんてほとんどいないからです。

そのため、市販の履歴書に付いてくる見本などを参考にして、記入をします。そして、それがあたかももっともベストな書き方であると理解をしてしまうと、そのフォーマットを崩すことなく以降の面接でもすべて同じ書き方になってしまうのです。

面接官はそれを見て、「見づらい。。」「分かりづらい。。」となってしまいマイナスなイメージに繋がってしまうのです。
その結果面接官がこの履歴書を見て思う事とは…

  • 「人間関係が上手くいかずに転々としているのかも。。」
  • 「飽きやすく、冷めやすい性格なのかも。。」

なんてかなり厳しい印象になってしまうのです。

スポンサーリンク

しかし、職歴をしっかり見やすく、分かりやすく記載するだけで、あなたの印象は一気に良くなります。
「職歴は多いが、魅力的な人かも!」「多くの職場で対応できる、優れた人かも!」なんて履歴書を見た際の第一印象が、こんなにもガラッと変わるものなのです。

そのため、適当にオリジナルや何となくで記入してしまうかたが多い派遣の職歴をここでしっかりと見直して、面接官の第一印象が良くなる、美しいレイアウトで記載しましょう。

という事で今回は、履歴書に派遣の職歴を記入する際の『面接官が見やすい、分かりやすい!』もっとも美しい書き方を見本で分かりやすくご紹介していきます。

では早速一緒に確認していきましょう。

派遣の職歴を履歴書に記入する際のポイント!

履歴書の派遣の書き方で悩んでいる女性

「派遣って入社?それとも登録??」

まずは、派遣で就業した職歴の記入例を確認する前に、いくつかのポイントがあるので、ここで確認をしておきましょう。

もっとも悩んでしまう方が多いのが、派遣で就業した経歴とは、「入社と退職なのか?」または「登録と登録終了なのか?」という点。
早速ですが、正解は派遣先は登録会社であり、実際にそこの派遣先で就業するわけではないので、『登録』と『登録終了』が正解です。

また、職歴欄には、登録先の会社を記入しないで、実際に派遣先から紹介して就業した企業だけを記入する方もいるのですが、これはNG。なぜかというと、派遣会社に登録をして派遣社員として、紹介してもらった企業で就業をしていても、雇い主はあくまでも派遣登録をした会社であって、その会社からお給料を頂いているからです。

そのため、登録をした派遣先の会社を記入するのは、もちろんの事。また派遣先の会社から紹介してもらって実際に就業した会社を記入するのも必須です。どちらか一方しか記入をしない方も多いのですが、採用担当者が履歴書を確認して、一目で分かるように、派遣で登録をして、〇〇会社に従事していたことが分かるように記入をしましょう。

実はポイントはこれぐらいですが、履歴書に記入する前に、もっとも重要な注意点を一点だけ確認しましょう。

派遣先を記入する際の注意点!

今までに派遣先で就業した経歴があまりにも多いので、「すべてを嘘偽りなく記入してしまうと、マイナスイメージになってしまうのでは・・・。」と心配になってしまい、省略してしまったり、抜いてしまったり、してしまうかたもいるのですが、これは絶対にNGです。

ここで書かなかったり、省略してしまった履歴書の内容を企業側があなたの職歴としてそのまま受け止めます。その後、無事に採用になっても、後に経歴詐称がバレてしまうと厳しく追及されてしまい、最悪解雇になります。

※面接官が応募者に「次回までに社会保険事務所に行って、年金記録台帳のコピーを持ってきていただけますか?」となりチェックをされれば、前職について企業側が確認できます。

それでは、派遣就業した際の職歴欄の書き方のポイントと注意点が分かれば、後は記入するだけですね。実際に見本を用意したので、一緒に記入していきましょう。

スポンサーリンク

派遣の職歴欄を見本を確認しながら書いてみよう!

正に今履歴書に記載するところ

派遣就業の職歴をもっとも美しく記入する方法を実際に画像も合わせてご紹介していきます。派遣の場合には、長く就業していたり、短期間で何箇所もの職場で就業していたりしているので、なかなか記入方法が難しいと思ってしまうのです。

そのため、今回は3つに分けて…

  1. 基本的な書き方
  2. 派遣先企業に現在就業中の場合
  3. 派遣から派遣先企業の契約社員(正社員)になった場合

の3つに分けて画像と説明でご紹介していきます。では早速『基本的な書き方』から見ていきましょう。

1、基本的な書き方

それでは基本的な派遣就業した際の職歴の記入方法からです。では実際に、下記の画像を確認しながらポイントを見ていきましょう。

まずは一番上にどこの派遣会社に登録したのかを記載しましょう。あとは、時系列に派遣会社から紹介してもらった勤務先を記入します。そして、最後にその派遣会社から別の企業に就職したり、別の派遣会社に登録して勤務をした場合には、『派遣登録終了』と記載をします。

※勤務先でいつまで勤務したかに関しては、下記の画像のように、(平成21年1月まで)といったように改行しないで一行にまとめると非常にスマート且つ分かりやすいです。

履歴書の派遣の書き方の基本

2、派遣先企業に現在就業中の場合

続いては現在派遣会社に勤務中で、就職活動をしている場合の見本です。それでは、下記の画像を見ながらポイントを確認していきましょう。

この場合には、最後の行に『現在就業している会社はいつまで勤務予定であるか!』を記入して、現在辞める意思がある旨をしっかりと伝えて、いつから勤務が出来るかをハッキリさせておきましょう。

※今の派遣満了期間が具体的に決まっていないとしても、派遣期間更新の区切りのよい所を目安にして、『派遣期間満了予定』と記入をしましょう。

派遣先に就業中の場合の履歴書の書き方

3、派遣から派遣先企業の契約社員(正社員)になった場合

派遣先に評価されて、その後契約社員や正社員になった方もいるでしょう。その場合には、下記の画像の赤枠を参考に記入してください。

ここでは派遣登録終了などは省略して分かりやすいように、いつから社員に切り替わったのかを分かりやすいように記載するのがポイントです。そのため、下記画像のように『契約社員登用』と記入をして、派遣から契約社員に直接雇用になったことが一目で分かるようにしましょうね。

派遣から派遣先企業の契約社員になった際の履歴書の書き方

スポンサーリンク

履歴書に書ききれない場合の対処法とは?

派遣期間が長い場合や、短期間の派遣が多かったため、「履歴書にすべてを記載出来ない。。」なんて場合もあるでしょう。その場合には下記の画像の赤枠のように、『詳細は職務経歴書に記入してある。』ということを履歴書にしっかりと記入をして、職務経歴書にはもちろん、すべての派遣先の勤務詳細を記入してくださいね。

短期派遣の場合には、省略してしまう方もいるのですが、やはり後にバレてしまうと経歴詐称になってしまうので、必ず記入をしましょう。

派遣の職歴を書ききれない際の履歴書の書き方

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、履歴書に派遣の職歴を記入する際の『面接官が見やすい、分かりやすい!』、もっとも美しい書き方を見本で分かりやすくご紹介してきました。

派遣で就業した経歴とは、実際にそこの派遣先で就業するわけではないので、『登録』と『登録終了』が正解です。

また、職歴欄には、登録先の会社を記入しないで、実際に派遣先から紹介して就業した企業だけを記入する方もいるのですが、これはNG。なぜかというと、派遣会社に登録をして派遣社員として、紹介してもらった企業で就業をしていても、雇い主はあくまでも派遣登録をした会社であって、その会社からお給料を頂いているからです。

そのため、登録をした派遣先の会社を記入するのは、もちろんの事。また派遣先の会社から紹介してもらって実際に就業した会社を記入するのも必須です。どちらかしか記入をしない方も多いのですが、採用担当者が履歴書を確認して、一目で分かるように、派遣で登録をして、〇〇会社に従事していたことが分かるように記入をしましょう。

あとは、上記でご紹介した見本に沿って、職歴を記入していきましょう。

最後に何度もしつこいですが、職歴を省略してしまったり、抜いてしまったり、してしまうかたもいるのですが、これは絶対にNG。無事に採用になっても、後に経歴詐称がバレてしまうと厳しく追及されてしまい、最悪解雇になってしまう場合があるので、どうしても履歴書に記入できない場合には、職務経歴書に記入して、漏れがないようにしてくださいね。

それでは、転職も人生も最高に楽しみましょう♪atsumura

スポンサーリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)